社会との共生・社会貢献 3 すべての人に健康と福祉を 4 質の高い教育をみんなに

社会貢献の基本的な考え方

DICグループは、地域や社会の皆様と共生を図り、社会との良好な関係づくりを重視し、2009年度に定めた「社会貢献活動ガイドライン」に基づいて、事業所のある各地で社会貢献活動を進めています。

社会貢献活動ガイドライン

DICグループは、経営ビジョン「Color & Comfort by Chemistry- 化学で彩りと快適を提案する」により、色彩の文化と快適な暮らしの向上に貢献するために、事業活動、文化・教育、地域・社会の3つの領域において社会貢献活動に取り組んでいきます。

事業活動

DICグループは、「事業活動を通じてのCSR」という観点から、持続可能な社会の発展と地球環境の保護に貢献する製品やサービスを提供していきます。

文化・教育

DICグループは、色彩の文化および化学の分野において、次世代を担う人材育成など、文化・芸術、学術・教育の振興・発展に寄与する活動を行います。

地域・社会

DICグループは、地域社会との共生を図り、相互の信頼関係の構築に努めます。また、社員が地域社会への自発的貢献活動を積極的に行える環境を整備します。

「カラーユニバーサルデザイン」による彩りと快適の提案

DICグループは、化学で彩りと快適を提案するという経営ビジョンのもとカラーユニバーサルデザインの研究・開発に取り組み、様々な分野で彩りある暮らしに貢献しています。
2007年より東京大学監修のもと、一般社団法人日本塗料工業会、石川県工業試験場、NPO 法人カラーユニバーサルデザイン機構と「カラーユニバーサルデザイン推奨配色セット」を開発。検証と調整を重ね、塗装・印刷・画面表示で再現可能な色から、多様な色覚の人々にとって比較的見分けやすい色の組み合わせを選定しました。2018年には約10年の使用実績を踏まえて色彩値を改訂し、さらなるユーザビリティの向上を図りました。使用法をまとめたガイドブックを発行し普及・啓発も行っています。
2015~17年には産学連携の共同研究を実施。千葉大学、DIC総合研究所、DICカラーデザインの3者で包装印刷で注意事項等の表記に用いられる特色赤色インキの見分けに関する研究や、高齢者の可読性を対象とした印刷物の配色に関する研究に取り組み、国内外へ向けて学会発表を行いました。
2011年からは東京大学や建築家の隈研吾氏らと、景観調和とロービジョンの方の視認性の両立を目指した「視覚障がい者用誘導ブロック」を開発してきました。ウォームイエローとクールイエローの2色が2018年春製品化されました。
2018年に公示された「JIS安全色(JIS Z 9103)」は、ユニバーサルデザインの観点から、世界に先駆けて多様な色覚の人々が識別しやすいよう色合いが改正されました。DICグループは原案作成委員会に参画し、普及活動にも協力しています。
カラーユニバーサルデザインは、様々なサイン計画やインフラ整備など人々の暮らしに取り入れられています。2020年の東京オリンピック・パラリンピックでも、訪日外国人や色覚多様性への配慮がなされ、人々の安全の確保および利便性の向上に活かされています。

「点字誘導ブロック」記者発表の様子

「点字誘導ブロック」記者発表の様子

「JIS安全色」改正前および改正後の色

「JIS安全色」改正前および改正後の色

理科実験授業

DICとDICグラフィックスは、国が力を入れている「キャリア教育」の一環として、また、社会問題化している子どもの理科離れの対策として、「理科の勉強は社会生活に密着している」ということを児童に実感させることを目的とした理科実験授業を公立小学校に提供しています。「顔料合成実験」と「平版印刷実験」を通じて、「理科は楽しい」、「理科の勉強は身近な社会生活に役に立っている」ということを感じてもらえるような授業内容となっています。2010年に活動を開始して以来、2018年までに延べ38の小学校で6年生約3,000人に授業を提供してきました。加えて2018年度は、東北大学大学院工学研究科のプロジェクト「サイエンスキャンパス」や東京藝術大学での講義、従業員の家族向けイベント「DICファミリーデー」において実験授業を実施しました。
当活動は、株式会社リバネスが主催する「教育応援グランプリ2018」において、「銀賞」を受賞しました。「教育応援グランプリ」とは、子どもの成長を応援する企業の教育活動を、産業界と教育界の両面から評価し顕彰する日本で唯一のアワードです。当社ならではの授業内容であり、理科の楽しさ、面白さを体験する取り組みとして定着していることや、事業所近隣の小学校のみならず、大学や従業員の家族向けイベントへ展開したことなどが高評価につながりました。
DICグループは今後も当活動を継続していきます。

理科実験授業の様子

理科実験授業の様子

「教育応援グランプリ2018」表彰状

「教育応援グランプリ2018」表彰状

COMMENT

化学工学専攻から見えるB to B企業の子ども向け社会貢献の重要性

東北大学 工学研究科・工学部 創造工学センターセンター長 教授 青木 秀之 様

科学の初等教育においては、子どもたちの興味を引き出し、それを伸ばしてあげる環境を整備することが大切であると考えておりますが、情報があふれる中で、どうしても身の回りの製品や宣伝に関心が向きがちになります。小職は化学工学専攻に属しておりますが、学生はじめ親御さんは身の回りの最終製品を製造する企業に就職を希望するようです。材料系の学科で学んで得た能力が発揮される就職先は、素材や中間製品の製造分野など、主にB to Bの企業が多いのですが、なかなか理解が得られていないのが現状です。
今回の東北大学サイエンスキャンパスイベントを通して感じたのは、子ども向けのイベントでありながら、同伴で参加している親御さんに、B to B企業の大切さを伝えている点です。今回、改めてその恩恵・副次的効果を確認しました。
貴社におかれましては、今後も子どもへの科学教育を全国各地で実施いただき、バランスのとれた人材の配置により、将来のわが国の科学技術の発展を支援いただければと期待しております。

東北大学 工学研究科・工学部 創造工学センターセンター長 教授 青木 秀之 様

関連リンク

総合研究所での取り組み

総合研究所では地元の学校を中心として幅広く、DICの特色を活かした講座を提供しています。2018年1月には、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校※である千葉県立佐倉高校において、SSH講座の一環として「知的財産権講座」を行いました。また2018年8月には千葉県教育庁主催の「夢チャレンジ体験スクール」にて千葉県内の小学生とスピルリナを使った色素抽出実験を行いました。その他各種実験講座では、実験に加えて、講師役の若手社員が化学に興味を持ったきっかけや研究者としての仕事のやりがいなどを話す時間を設け、化学を楽しんでもらうと同時にキャリア教育の一助となるよう努めています。

  • スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校:将来有為な科学技術系人材の育成を目的に、学習指導要領によらない教育課程を編成・実施し、理科・数学教育に重点を置いたカリキュラムを行う高校として、文部科学省から指定された学校を指す。
SSH 講座の様子

SSH 講座の様子

鹿島工場での取り組み

鹿島工場は2018年12月、茨城県鹿島地区に拠点を置く4社と合同で、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校である私立清真学園において実験講座を実施しました。「私たちの身の回りにある色を科学しよう」というタイトルで講義を行い、色・光の性質、それらを利用した製品、色の呼び名、色の三原色、顔料の合成例等を説明しました。また、スピルリナからの青色色素抽出実験を行いました。同講座には58名の中学3年生が参加し、生徒からは空の色の見え方など、色に関する活発な質疑が寄せられました。鹿島工場では、近隣の他の企業と協力しつつ、今後もこのような講座を行い、中学校・高等学校の生徒たちに化学の楽しさ、すばらしさを伝えることで、将来化学の道を志す生徒が増えることを期待しています。

DIC川村記念美術館

DICは、サステナビリティ活動の一環としてDIC川村記念美術館を運営しています。1990年に千葉県佐倉市のDIC総合研究所に隣接する地に川村記念美術館として開館した同館は、2019年で30年目を迎え、累計入館者数は245万人を超えました(2018年12月現在)。2011年にDIC川村記念美術館に改称し、DICグループが「色」に関わる企業だからこそ担うことができる社会貢献活動として運営しています。
コレクションは、レンブラントをはじめ、モネやルノワールなどの印象派、ピカソやシャガールなどの西洋近代美術、日本の現代美術など幅広いジャンルの作品を所蔵しており、とりわけロスコ、トゥオンブリー、ステラなどの20世紀後半の充実したアメリカ美術作品には定評があります。数あるコレクションの中から選りすぐりの作品を展示するとともに、それらと関連性のある作家やその時代を取り上げながら、コレクションへの理解を深めるための展覧会を年に数回開催しています。
また、同館ガイドスタッフによるガイドツアー(作品解説)を毎日午後2時より無料で実施しています。
美術作品と併せ、同館のもう一つの魅力である緑豊かな3万坪の庭園は、四季折々の草花を身近に楽しめる場として一般公開されています。春は10種250本の桜が咲き誇り、可憐な花をつけた山野草が里山を彩ります。2016年、拡張整備された庭園奥のスイレンの咲く池、木立を縫う散策路は木々が育ち気持ちの良い空間になっています。
同園内にある付属ギャラリーは地域社会との交流と文化の育成を目的として、一般の方々に作品発表の場としてご利用いただいている他、佐倉市近隣の小中学生、高校生の作品展示の場としても毎年会場を提供しています。
教育サポートとしては、ニューヨーク近代美術館の教育部門で開発された「対話型鑑賞教育」メソッドを日本でいち早く導入、これまでに延べ160校、1万数千人以上の子どもたちが参加し、小中学校の先生が引率するクラス単位の美術館見学をお手伝いしています。以上の美術館活動は、公益社団法人企業メセナ協議会によって、毎年「This is MECENAT」に認定されています。

DIC川村記念美術館

DIC川村記念美術館

緑豊かな庭園とテラス

緑豊かな庭園とテラス

DIC川村記念美術館 エントランスホール

DIC川村記念美術館エントランスホール

関連リンク

DICグループのサイアムケミカル社(タイ)によるサステナビリティ活動

サイアムケミカル社(SCI)はタイ工業省より2018年度CSR-DIW賞を受賞しました。同社は2012年度の初受賞より7年連続の受賞となりました。CSR-DIW賞はタイ国内企業の競争力を上げることを目的に2008年からはじめた企業の社会的責任推進プロジェクトで、ISO26000の7つの中核主題の観点から、CSR活動(当社でのサステナビリティ活動)が評価された企業に授与されます。
2018年度の活動の一例としては、全世界の施設でボランティア塗装を行う一般社団法人「塗魂インターナショナル」とタイ・サムットサーコーン県にあるミャンマー移民労働者の子どもが通う学校(寺院)への外壁塗装や屋根およびトイレ交換などのボランティアを行いました。同法人の、「楽しく教育を受けられる環境を支援したい」という考えにSCIが賛同し共催しました。同日は、SCI従業員とその家族約40名が、子どもたちと一緒に日本の縁日イベントや餅つき体験などを一緒に楽しみました。子どもたちは、縁日でもらったおもちゃに目を輝かせ、参加した現地社員からは「社会活動を通じて会社に誇りを持てた」と感想が寄せられました。
他にも、SCIは太陽光発電を新設して、2018年度は電力使用量の14%を太陽光発電で賄い、年間換算500tのCO2排出量を削減するなど、サステナビリティ活動推進に努めており、今後も持続可能な社会の発展に取り組んでいく考えです。

ボランティアの様子

ボランティアの様子

マッチングギフト

DICグループでは、毎年末に労働組合が主体となって実施している社会福祉を目的とした募金活動に協力し、集められた募金額と同額を会社が上乗せする「マッチングギフト」を行っています。2018年は、各事業所の近隣にある21の児童養護施設、障がい者支援施設などに寄付を行いました。

群馬県太田市の東光虹の家にて寄付金を贈呈

群馬県太田市の東光虹の家にて寄付金を贈呈

バックナンバー