硫黄系石油添加剤(サルファケミカル)

DAILUBE

ファンクショナルプロダクツ

自動車

硫黄系石油添加剤(サルファケミカル) 硫黄系石油添加剤(サルファケミカル)

潤滑油においては、様々な添加剤が使われています。その内の一つである極圧剤は、金属接触の荷重が高い摺動部の摩耗を防いだり、摩擦を低減したりします。
DICでは、環境への配慮から硫黄系極圧剤を提供しており、潤滑油の極圧剤用途では世界で20%~30%のシェアを占めています。また、潤滑油用途以外でも石油精製等の添加剤として使用されています。

硫黄系石油添加剤(サルファケミカル)とは

■硫黄系石油添加剤と塩素系石油添加剤との違い
DICの硫黄系石油添加剤は、潤滑油の極圧剤として世界的でも有力なサプライヤーの地位を築いております。
その極圧剤分野では、これまで広く用いられてきた塩素系極圧剤(塩素化パラフィン)が燃焼時のダイオキシン生成や生態濃縮性、発ガン性への懸念から、他添加剤への置換が大規模に進んでいます。
塩素系極圧剤を置換する場合、高い極圧性能を有する硫黄系極圧剤が代替添加剤として主に挙げられ、金属表面に優れた潤滑性能を持つ金属皮膜を形成します。この金属被膜の生成温度、耐熱温度は塩素系極圧剤を含む他の極圧剤よりも広いため、代替処方設計を容易に進めることが出来ます。
硫黄系極圧剤は、廃棄時においても除去困難な燃焼ガスや有害な燃焼残を残さないため環境に対しても安全です。
DICの硫黄系石油添加剤は、潤滑油の極圧剤においてグローバルでリーディングサプライヤーとしての地位を築いています。

DICの強み

独自の技術で低臭気と淡色性を実現したDICの硫黄系極圧剤「DAILUBE」は、油脂、脂肪酸エステル、オレフィン等種々のタイプの硫化物製品を有しており、極圧添加剤等として様々な要求ニーズに対応できる製品構成となっています。

■淡色で低臭気のため、作業環境を良好に維持できます。
■高引火点で高い基油溶解性を有し、適切な硫黄含有量、粘度、活性硫黄含有量に設計された種々の製品群を保有しています。これにより金属加工(切削、旋削、塑性加工)を始めとする種々の場面での使用が可能です。
■高い極圧性能、対摩耗性及び優れた摩擦係数低下能を有しています。このため、種々の場面で潤滑油配合処方設計を容易に進めることが出来ます。

主な用途

■自動車
部品加工時の切削加工や塑性加工などの金属加工油やグリース、ギア油などの添加剤等、多くの部分に使用されています。また、工作機械の潤滑剤用途でも広く用いられています。

■鉄鋼
圧延等の成形加工分野で広く使用されています。低臭気で潤滑性能に優れるため、生産安定性、作業環境保全に寄与します。

製品ラインナップ

製品カタログ

この製品に関するお問い合わせ

  • 電話でのお問い合わせ

    • 機能性添加剤営業グループ サルファケミカル担当
    • 03-6733-6165