地域統括会社社長によるトップメッセージ

Message from Sun Chemical Corporation

「DIC111」の成功に向けて

サンケミカル社は、DICグループの一員であり、30億ドルを超える収益と8,000人以上の社員を擁しています。インキ、顔料のグローバルリーダーであり、さらにDICが開発する多くの先進的な素材分野でも急速に成長しています。新しい中期経営計画「DIC111」に着手するにあたり、ダイナミックに変化する市場で私たちはビジネス機会を掴み課題解決に積極的にチャレンジしていきます。サンケミカル社は製品や市場のポートフォリオを刷新し、 グローバルな視点を持ちつつ、各地域のお客様のニーズにきめ細かく応えていきます。
中核となるインキおよび顔料事業を根幹において、サンケミカル社は高成長、高利益率のスペシャリティプロダクツの事業基盤を確立していきます。
当社は、積極的な企業買収と自社の製品開発を通じて自社のポートフォリオに加えた製品により、付加価値の高い成長市場において自社のポジションを確立しています。これらの製品としては、化粧品、セキュリティインキ、プラスチック、IDカード、プリンテッドエレクトロニクスなどがあげられます。
サンケミカル社の強みは戦略を遂行するにあたり、DICグループの多大なリソースを有効に活用できることです。DICグループの世界レベルの研究開発力は、競合他社に比べてもとても強固なものです。これらによって、サンケミカル社は、顧客やブランドオーナーに対し、斬新で革新的な製品やアイデアを継続的に提供することで、彼らの市場での成功に大きく貢献しています。
私たちは、このような革新的な製品を生み出す事業ポートフォリオの開発を進める一方で、環境への影響を配慮した責任ある製品を提供する義務を常に意識しています。私たちは環境にやさしく、私たちとお客様が地球上にもたらす環境への影響を減らすことができる持続可能な製品の開発と販売促進に尽力しています。
私たちはサンケミカル社で私たちの未来に大いに期待し、DICグループとDIC111の成功のために自らの役割を果たすことを約束します。

Sun Chemical Corporation President & Chief Executive Officer Myron Petruch

Sun Chemical Corporation
President & Chief Executive Officer Myron Petruch

Message from DIC Asia Pacific Pte Ltd

コラボレーションを通じた変革と成長

アジアパシフィック地域は、多様な文化、言語、民族による国々で構成される、世界でも活気のある急成長中の地域の一つです。経験豊かでプロ意識を持つ3,600人以上の社員を擁する私たちは、アジアパシフィック地域の11ヶ国で19を超えるグループ会社で事業展開しています。
DIC111におけるDICグループの基本コンセプトは、Value Transformationを通じて持続可能な成長を達成することです。これには、世界経済が大きく変化し、グローバリゼーション自体が従来とは異なる意味でとらえられるようになったという背景があると私は考えています。これらすべてが第4次産業革命の始まりとともに、変化と変革は不可避であり、かつては経済成長が保証されていたかに見えたアジアパシフィック地域の市場もこのままでは脆弱であることが明らかになってきました。しかしこれは私たちにとっては多くの機会にもつながります。
アジアパシフィック地域ではDIC111を推進するための戦略として、「3つのS」のコンセプトを導入します。まず、最初の「S」は「サポート」で、私たちはこれから求められる機能的で専門的な組織への変革をサポートするということです。当社の経験豊富な社員の能力と当社の持つ技術力を結集して、持続可能なテーマに沿った新しい事業の柱を特定し、それを開発し、事業化していくことが目的です。そのためには、事業提携やM&Aの推進も視野に入れています。
次の「S」は「スペシャライゼーション」で、これにより「シェアードエコノミー」の枠組みを推進、実行していきます。デジタルツールや分析を駆使することで、「最初から間違わず実行する」ことで可能となり効率化が図れます。これを進めることによって、私たちはサステナブルな製品の品質や価値をお客様と共有し、一緒に高めていくことに今まで以上に注力できると考えています。
3つ目の「S」は「サステナビリティ」です。私たちはグループとしての技術の強みを活かし、アジアパシフィック地域で急速に変化する法規制にも適合することで、DICアジアパシフィックグループは持続的発展を追求します。「Color & Comfort」を推進し、また「The DIC WAY」の理念の実践により、パートナーとの協働を図り、そして社員が安全な労働環境のもとで「多様性 機動性 透明性」を推進することで、私たちは大切なお客様へ価値を提供していきます。私たちは、すべてのステークホルダーとの連携や提携(コラボレーション)を効果的に実現することによって、それが私たちのステークホルダーにとっての成功への原動力になると信じています。

DIC Asia Pacific Pte Ltd Regional Managing Director Paul Koek

DIC Asia Pacific Pte Ltd
Regional Managing Director
Paul Koek

Message from DIC(China)Co., Ltd.

新中期経営計画「DIC111」に向けて

DIC(China)は香港 2 社、台湾 5 社を含めて29 社、総勢 2,300 名が働く中国地区の事業を統括しています。そして、2019年度は地域合計で売上高850億円強を目指して活動していますが、加速度的に変化する中国地域経済においてDIC111の基本方針の一つであるValueTransformationを成し遂げることが何より重要だと考え、変化の方向を見誤らず、しっかりと基盤事業の質的転換を図っていきたいと思います。
例えば、中国地域については誰もがその市場の大きさと可能性を否定しませんが、一方では様々な角度から多くのビジネスリスクを指摘される地域でもあります。特に近年は環境に対する規制が、ある意味過激にかつスピードを緩めることなく展開されていることから、市場に少なからず混乱をもたらしているとともに、事業の継続性についての不安が至る所で発現しています。現実に我々DICグループも、いくつかの事業においては近い将来のリスクに備えて対策を講じなければなりません。しかし、見方を変えればこれは大きなビジネスチャンスかも知れません。つまり、間違いなくドロップアウトする企業が出てくる中で、すべての分野におけるovercapacityが生み出している不毛な価格のみの競争市場が少なからず解消されるのではないかという期待です。そしてその時に市場で強みとなるものは、ブランドに対する信頼だと考えます。
このような中、サステナビリティ活動を強くうたっているDICグループの一員としてESG推進活動を積極的、真摯に推進し、市場から得る信頼を梃に事業の拡大を図り、DIC111の達成に向けて邁進したいと考えています。
また、2019年度からグループの認知度と地位向上を目的に、DIC(China)の中にコーポレートコミュニケーション部を設置しました。DICのコーポレートコミュニケーション部と連携しながら中国地区においてのブランディング活動を推進し、製品本部の活動をしっかりサポートしていきます。

DIC(China)Co., Ltd. 董事長 遠嶋 伸介

DIC(China)Co., Ltd.
董事長
遠嶋 伸介