マネジメントシステム

基本的な考え方

DICグループは、レスポンシブル・ケア活動を通じて、安全・環境・健康への取り組みを推進します。

これまでの取り組み

DICグループでは、化学物質を製造・販売するグローバルな企業として、レスポンシブル・ケア活動を通じた「安全・環境・健康」への取り組みを推進しています。1992年に「環境・安全・健康の理念と方針」を制定し、1995 年には「レスポンシブル・ケア」実施を宣言、2006年1月には「レスポンシブル・ケア世界憲章支持宣言書」に署名するなど、レスポンシブル・ケア活動をDICグループの経営実態に合わせながら、その取り組みを強化してきました。現在は、「安全・環境・健康に関する方針」のもと、統一規約(レスポンシブル・ケアコード)を設け、年度ごとの活動計画に則り法規制以上のレスポンシブル・ケア活動に取り組み、毎年成果を公表しています。

  • レスポンシブル・ケア活動は、「化学物質を製造し、または取り扱う事業者が、自己決定・自己責任の原則に基づき、化学物質の開発から製造、流通、使用、最終消費を経て廃棄に至る全ライフサイクルにわたって、環境・安全・健康を確保することを経営方針において公約し、環境・安全・健康面の対策を実施し、改善を図っていく自主管理活動」です。
ICCA(国際化学工業協会協議会)によるレスポンシブル・ケア認定書

ICCA(国際化学工業協会協議会)によるレスポンシブル・ケア認定書

安全・環境・健康に関する方針

DICグループは、社会の一員として、また化学物質を製造・販売する企業として、安全・環境・健康の確保が経営の基盤であることを認識し、このことを事業活動のすべてに徹底し「持続可能な開発」の原則のもとに、生物多様性を含め地球環境等に調和した技術・製品を提供し、もって社会の発展に貢献する。

  • 製品のライフサイクルにわたり、安全・環境・健康に責任を持って行動する。
  • 安全・環境・健康の目的・目標を定めて、継続的な改善を図る。
  • 安全・環境・健康に係わる法律、規則、協定などを遵守する。関係法律が整備されていない国においては、安全操業最優先・地球環境保護の観点に立ち行動する。
  • 安全・環境・健康の教育と訓練を計画的に実施する。
  • 安全・環境・健康を確保するために、体制を整備し、内部監査を実施する。

この基本方針は、社内外に公表する。DICグループ各社に対し、この基本方針に対応することを求める。上記に述べた「安全」には、保安防災を含む。

マネジメントシステム

レスポンシブル・ケアコードは、①6つのコードをシステムとして統一的に運用する「マネジメントシステム」、②働く人々の安全と健康を確保する「労働安全衛生」、③火災、爆発、化学物質の流出事故の防止を目的とする「保安防災」、④化学物質の排出および廃棄物の発生量の継続的低減を図る「環境保全」、⑤流通時における化学品のリスク軽減を目的とする「物流安全」、⑥化学製品のリスク管理を図る「化学品・製品安全」、⑦環境・安全・健康に関する地域社会とのコミュニケーションを図る「社会との対話」、の7つのコードで構成されています。
DICグループでは、このレスポンシブル・ケアコードに独自のコードを加え、P(計画)・D(実施および運用)・C(チェック)・A(改善)、および年度ごとの「安全環境監査」、「経営層による見直し」を実施しています。

  • レスポンシブル・ケアコードは、一般社団法人 日本化学工業協会 レスポンシブル・ケア委員会が定めた、レスポンシブル・ケア活動を通じて人の安全・健康、環境の保護がより一層確保される社会の実現を目的とする基本的実施事項です。
  • マネジメントシステム(下記のコードをシステムとして統一的に運用)
  • 労働安全衛生(働く人々の安全と健康を確保)
  • 保安防災(火災、爆発、化学物質流出事故の防止)
  • 環境保全(化学物質の排出/発生量の継続的低減)
  • 物流安全(流通時における化学品のリスク軽減)
  • 化学品・製品安全(化学製品のリスク管理)
  • 社会との対話(環境・安全・健康に関する地域社会とのコミュニケーション)

情報管理システム(DECS)の導入開始

2019年度から、情報管理を強化するために、クラウドサービスを利用したデータ収集システム「DIC ESHデータ収集システム」(DECS)を導入しました。本システムにより情報管理を一元化しています。データ集計項目としては「労働安全衛生」「気候変動」「水資源」「廃棄物」などです。適応範囲は、日本・中国・アジアパシフィックに存在する70以上の事業所です。
これにより、データ集計の迅速化、省力化を実現するとともに、第三者検証においてデータの信頼性を向上することにも貢献しています。

  • DECS:DIC ESH Data Collection System

VOICE

レスポンシブル・ケア活動を推進すべく情報管理システムを導入

レスポンシブルケア部 安全環境グループ 主任 岩窪 昌幸

現在のグローバル企業には、「環境」や「エネルギー」といったサステナビリティ関連の情報を開示しています。ここで必要なデータは、レスポンシブルケア部が、各事業所の環境安全担当者からメールで受領し、集計・開示していました。しかしながらDICは、日本・中国・アジアパシフィックに3つの統括会社、70以上の事業所が存在するため、データ量は膨大で、その管理は複雑でした。そこで今回は、日本のITベンダーのクラウドサービスを導入し、各事業所の担当者が共通のデータベースに入力した後、レスポンシブルケア部や各国の統括会社がそこにアクセスする方式を採用しました。これによりデータの管理が一元化され、集計も効率化されました。これを実施するにあたっては、各事業所の担当者に施策の目的を丁寧に説明するとともに、なるべく担当者の負荷とならぬよう、図解のマニュアルを日本語・英語・中国語で作成しました。また、通常よりも詳細なデータを取集するために、新規のデータ収集プログラムや規格を開発しました。現在、調査テーマとして「環境」、「エネルギー」、「労働安全衛生」で8つのテーマが存在します。今後は調査テーマを増やし、さらにレスポンシブル・ケア活動に貢献していきます。

レスポンシブルケア部 安全環境グループ 主任 岩窪 昌幸

レスポンシブル・ケア推進体制

DICのレスポンシブル・ケア活動の審議・承認機関である「サステナビリティ委員会」は、社長執行役員直轄の会議体としてサステナビリティ委員長(代表:社長執行役員)のもと、事業部門および管理部門の部門長、地域統括会社社長、監査役で構成されています。サステナビリティに関する全社目標および活動方針の承認、中期方針や年度計画の策定や評価などを行っています。その方針・計画のもと、自律的に事業会社および工場・研究所が安全環境グループと一体となってレスポンシブル・ケア活動のPDCAサイクルを回しています。各組織の円滑な活動の支援および監査の役割は、レスポンシブルケア部が担い、コンプライアンスの確保、安全・環境の改善やレベルアップを図っています。

レスポンシブル・ケア 推進体制図

レスポンシブル・ケア 推進体制図

年度計画の策定と活動

DICグループでは、年度ごとにレスポンシブル・ケア活動計画を定め、グループ全体に活動を展開しています。2020年度のDICグループ活動計画(グループ全体)に基づいて、地域の統括会社が地域ごとの活動計画を策定します。これをさらにブレークダウンし、各グループ会社で目標管理を意識して、活動計画の具体化を図り、レスポンシブル・ケア活動の推進と生産活動を通じた環境型社会への貢献を目指して活動しています。

2020年度 レスポンシブル・ケア活動計画

2020年度DIC グループ レスポンシブル・ケア活動計画(グループ全体版)

  • マネジメントシステム

    • 安全環境に係るマネジメントレベルを向上させる。
    • 安全環境教育を推進する。
    • 地域統括会社におけるESH管理体制(中国/アジアパシフィック)、エンジニアリングに関する支援(アジアパシフィック)を強化する。
    • RC(レスポンシブル・ケア)データ収集システムを活用する。
  • 労働安全衛生

    • DICグループの最終目標は「ゼロ災害」の継続である。この目標に向け、地域ごとに2020年における労働災害発生率(TRIR)の目標を掲げ活動する。
  • 保安防災

    • 重大災害の教訓を水平展開し、同様の災害を未然に防止するための取り組みを行う。
      ① 静電気対策や危険物管理(消防防犯設備を含む)を推進する。
      ② 下請け・工事管理に関する取り組みを推進する。
  • 環境保全

    • 気候変動(地球温暖化防止)へ対応する。
      (1)CO₂排出量の削減目標を達成する。
      「DICグループは事業所で排出するCO₂ 排出量(Scope1&2)を、2013年度を基準年として2030年度までに30%削減する」を達成するため以下の施策を推進する。
      ① 事業所における省エネ活動を一層推進する。
      ② 再生可能エネルギーへの置換を増進する。
      (2)サプライチェーンにおけるCO₂ 排出量(Scope3)を把握する。
      (3)気候変動戦略に関するシナリオ分析を実施する。
    • 生産に伴う大気負荷/排水負荷を維持/低減する。
    • 産業廃棄物の有効利用率の維持向上に努める。
    • 生産活動に関係する水リスク管理を推進する。
      ①水利用に関するマテリアルフローの実態把握を進める(水リサイクルを含む)
      ②取水と排水に関するリスクの特定方法の検討を行う
  • 物流安全

    • 化学品を安全に輸送するための情報提供を継続する。
  • 化学品・製品安全

    • 新グローバル化学物質情報管理システム構築を推進する。
  • 社会との対話

    • レスポンシブル・ケア活動の結果を公表する。
  • 2020年12月末時点の活動計画を掲載しています。

トップメッセージ

環境月間および安全週間のタイミングで社長より安全・環境に関するメッセージを発信しています。

レスポンシブル・ケア教育

化学物質を取り扱う企業として、レスポンシブル・ケア活動に関し、新入社員研修やキャリア採用研修でその重要性を説き、さらに昇格時における階層別研修にて継続的に教育しています。

DICグループ会社の展開

レスポンシブル・ケア活動によるレベルアップ支援

本社レスポンシブルケア部は、DICグループ全体のレスポンシブル・ケア活動のレベルアップを図るため、事業規模の大小に関わらず、DICグループ(計75事業所)に対し幅広いサポートを展開しています。とりわけ、中国およびアジアパシフィックを統括管理している地域統括会社には、レスポンシブルケア部から現地駐在員を派遣し、各地域の活動サポートと人材育成に力を注いでいます。

環境マネジメントシステムISO14001の取得状況

環境マネジメントシステムに関しては、国際規格としてISO14001を導入しています。全DIC グループのISO14001の生産数量に対する取得率は79%となっています。(2020年12月現在)

2020年の主な活動

DICおよび国内グループ会社

国内では、事故災害の発生が継続しており、未然防止に向けた一層のレスポンシブル・ケア体制強化が必要です。DICおよびDICグラフィックス(株)の主要工場に対しては、各事業所の実務責任者である安全環境グループマネジャー(GM)による「GM会議」を年4回実施、また、その他の国内グループ会社に対しては、年2回の「レスポンシブルケア会議」を実施しました。それぞれの会議において、事故災害の防止に対する話し合い、環境課題の共有化、全社ルールの認識共有化を図りました。

アジアパシフィック(AP)地区のグループ会社

AP地区では、シンガポールに当該地域の統括責任者を配置し、その下に10ヶ国各国の担当管理者(カントリーヘッド)を配置しています。さらに、DIC本社のESH実務責任者を地区統括会社に派遣しています。各担当管理者は、国ごとの会議を定期的に開催し、現地法人や事業所の各担当者などを招集し、取り組み方針や、目標、課題などについて検討しています。
また、2020年11月にアニュアルミーティングを開催しました。例年はシンガポールにて開催していましたが、今回はCOVID-19のため、オンラインにて実施しました。各国のカントリーヘッド、各事業所のESH担当者、AP地区担当役員、DICのレスポンシブルケア部員が参加し、次年度のESH活動方針、目標・課題、省エネ投資などを話し合いました。

アジアパシフィック地区の推進体制

アジアパシフィック地区の推進体制

【取り組み事例】

AP地区では、10ヶ国に17のDICグループ会社、23事業所が事業展開しています。それぞれの文化や言語などの多様性に加え、労働安全衛生に関する認識レベルにも違いがあります。これらの相違を解決するためには、各グループ会社が労働安全衛生の共通基準を定め、効率的に実践できる環境を整える必要があります。
そこでAP地域統括会社では、世界共通基準として認知されている安全管理システム“OHSAS18001”を採用し、各グループ会社にシステム導入の奨励と支援を実施してきました。また、2019年にISO45001が発効されてからは、ISO45001の取得に向けた支援もしています。2020年12月末時点で、AP地区の19事業所が安全管理システム(ISO45001/OHSAS18001 等)を取得済みであり、生産数量に対する取得率は93%です。

VOICE

鹿島工場での「労働安全衛生」研修を振り返って

PT DIC Graphics, Karawan Plant Beta production supervisor BACHTIAR NUGROHO AMARULLAH R&D staff SUGIANTO

DIC鹿島工場では、「安全第一」というDICのスローガンに基づき、従業員全員に安全訓練と安全装置を提供していることに大変関心を持ちました。DIC本社のグローバル能力開発プログラム、また鹿島工場での消防訓練、個人防護訓練、津波避難訓練、埼玉工場での実践的な安全訓練など、様々な安全訓練を学びました。また、鹿島工場の各部門では、定期的な安全会議を開催し、作業現場での安全状態やリスクアセスメントチェックについて議論しています。
これらの活動の利点は、従業員が作業手順、化学品の取り扱い、事故を起こさないように安全に作業することを習得できることです。事故目標がゼロで良好な作業環境を作り出すことは良い循環につながります。これらの安全訓練の経験をインドネシアに帰って安全チームに伝えたいと考えます。

PT DIC Graphics, Karawan Plant Beta production supervisor
BACHTIAR NUGROHO AMARULLAH
R&D staff SUGIANTO

アジアパシフィック地区でのマネジメントシステムの運用

Reg. Mfg. Director / Reg ESH Coordinator Mr. GOOI Kee Mein, Reg. Mfg. & ESH Manager Mr. CHUA Sin Wee

DICアジアパシフィック地区では、11ヶ国に18のグループ会社が事業を展開しています。事業を行う中で、 文化や言語などの多様性に加えて、第一に労働安全衛生に関しての認識レベルの違いという課題に直面しました。これらの多様性やレベルの相違を解決するには、各グループ会社が共通の労働安全衛生の基準を定め、全グループ会社が効率的に実行する必要がありました。
私たちは、世界的に共通の基準として広く認知されている、OHSAS18001を安全管理システムとして採用し、アジアパシフィック地区の各グループ会社へ、当システムの導入奨励および支援を開始しました。現在、同地域ではOHSAS18001を12のグループ会社が取得しています。2017年度は、DICベトナムとDICフィリピンに対して、2018年度のOHSAS18001完全取得に向け、 支援を行っていきます。

Reg. Mfg. Director / Reg ESH Coordinator
Mr. GOOI Kee Mein, Reg. Mfg. & ESH Manager Mr. CHUA Sin Wee

中国地区のグループ会社

DIC本社のESH実務責任者を、ESH総監として中国地区統括会社に派遣するとともに、華南・華東の各地区にコーディネーターを配置し、ESH体制強化を図っています。また、定期的に本社と地域統括会社の間でリモート会議を行うなど、問題点の早期解決を図っています。
2020年11月に年1回の「中国安全環境省エネ会議」を開催しました。例年は事業所で開催していましたが、今回はCOVID-19のため、オンラインにて実施しました。中国地区のグループ会社および工場長、ESH担当者、並びにDIC本社のレスポンシブルケア部員が一堂に会し、レスポンシブル・ケア活動の進捗確認、課題、今後の方針について、話し合いを実施しました。

TOPICS

DICグループ中国地域「2020年度安全管理レベル向上」セミナーを開催

2020年8月、迪愛生青島研究所に於いて、迪愛生投資有限公司(DICチャイナ)ESH部は、先進的な安全管理理念および安全管理ツールに関してセミナーを開催いたしました。COVID-19により、香港・台湾地区はオンラインで参加しました。
本セミナーには生産製造部門、設備部門およびESH部門の管理者を含め現地受講者は総勢42名にものぼり、関心の深さが伺えました。
本セミナーの内容は、先進的な安全管理理念、プロセス安全管理要素の解読、機械完全性、中国有名化工企業の安全管理ベストプラクティスおよび関連安全管理ツール方法の使用等でした。講師には中国化学品協会の高級専門家・副チーフエンジニアの史紅林さんをはじめ、ERMのグローバルパートナーの李助興さん(DNV社 リスク管理業務部総経理を務めたこと)、デュポン社のベテランマネージャーおよび中国国内における有名化工企業の安全マネージャーなど国内著名な育成訓練の専門家を特別に招きました。
DICチャイナのESH部では安全管理水準のさらなる向上を目指し、定期的に関連セミナーを実施いたします。

迪愛生青島研究所における安全管理セミナー

迪愛生青島研究所における安全管理セミナー

中国地区の安全管理水準の向上を目的に「トレーナー研修会」を開催

2019年6月、中国地区統括会社(DICチャイナ)のESH部では中国地域の安全管理水準の向上を目的に「トレーナー研修会」を開催、中国、台湾のESH担当、製造部門、設備部門の計26名が参加しました。
2019年の全国安全週間における社長メッセージの代読から始まり、「ISO45001内部監査員教育」および「ESH安全トレーナー教育」の2つのテーマのもと研修会が進行されました。
「ISO45001内部監査員教育」では、中国の労働安全健康管理体系の研究者および 中国ISO45001制定者等から、中国ISO45001の背景と解説を受講し、他方「ESH安全トレーナー教育」においては、経験豊富な講師からトレーニングスキルおよび資料の作成、安全トレーニングの研究開発について受講しました。
講義終了後には、「ISO45001内部監査員」の試験が課され、参加者全員が合格しました。今回習得した基本的知識を各事業所での活動に活かすとともに、DICチャイナのESH部では安全管理水準のさらなる向上を目指し、モニタリング活動を推進していきます。

DIC China ESH 部にてISO45001 の研修会を開催

DIC China ESH部にてISO45001の研修会を開催

VOICE

中国での安全・環境・健康を推進

2006年8月の張家港迪愛生化工有限公司への入社以来、私は一貫してEHS部門の業務に携わり、同時にEHS業務に必要な国家登録セキュリティエンジニアや安全標準化審査員などの資格を取得してきました。
2019年開催の「第九回DIC中国事業場安全環境省エネ会議」においては、当社が「DIC中国事業場EHS管理優秀企業」を、私も「優秀EHSマネージャー」として表彰されました。この表彰は、当社のEHS管理に対する優良認定の証であり、長年、全社員一丸となって取り組んできた結果でもあります。
私は、EHS管理者として、常に安全を意識し、現場の安全管理に細心の注意を払い、ヒヤリハットを見逃すことなく、日々の業務を遂行してきました。また、常日頃からEHSの観点から仕事の進め方を見直し、安全管理レベルの向上を図っています。
今後も安全啓発教育とトレーニングを強化し、EHSレベルの向上と、安全・環境・健康を重視するサステナビリティ理念の浸透を深めることで、全社員が自主的に安全管理に取り組む組織にさらに変われるよう努めていきます。

張家港迪愛生化工有限公司 ESH 尹银

DIC中国安全環境省エネ会議にて、遠嶋董事長より表彰
(右)張家港DIC ESH課長 尹银

DIC中国安全環境省エネ会議にて、遠嶋董事長より表彰(右)張家港DIC ESH課長 尹银

中国の安全環境体制をさらに強化しています

区域 ESH 総監 王

中国では環境法令・基準整備などは先進国レベルと同等に強化され、一部の基準は日本より厳しくなっています。また、安全規制も天津の爆発事故以後、厳格に適用され、企業を取り巻く環境は一層厳しくなってきています。このような中で、私たちDIC中国のESH部門では化学品担当者を、華南・華東地区においてはESHコーディネーターを配置し、安全環境体制の再構築に努めています。
さらに、各事業場 ESH担当者に危険化学品に関するトレーニングを実施し、最新の法令や知識習得に注力しています。一方、安全については『DIC安全基本動作 輪読版』の中国版を製作し、各事業場に配布しました。このDIC安全基本動作は労働災害防止に不可欠で、各自が安全基本動作を習慣化して行動できるまで様々な支援を行っていきます。

区域 ESH 総監 王

欧米・アフリカ地区のグループ会社

欧米・アフリカ地区では、グループ会社のサンケミカル社が、すべてのレスポンシブル・ケア活動を統括管理しています。DIC本社は、サンケミカル社を含むDICグループ全体の基本方針・価値観を共有しながら、相互の連携を密にするために、実務担当者がESHに関する会議を定期的に開催しています。