地域統括会社紹介

サンケミカル社の活動紹介

サンケミカル社の活動紹介

新型コロナウイルスのパンデミックを乗り越えて躍進を続けています
新型コロナウイルスの感染症拡大により事業環境が日々変化する中で、サンケミカル社はステークホルダーとの約束を果たし、顧客や取引先の事業継続性をサポートするとともに、持続可能な社会の構築に貢献し、常に顧客にとって魅力的な価値を創造することを心がけています。
2021 年、サンケミカル社とDIC は、人々の生活の質の向上と顧客の持続的発展に貢献するソリューションと製品を重視した事業ポートフォリオを構築しました。その中で『ValueTransformation:事業の「質的転換」による事業体質の強化』と『New Pillar Creation:社会課題や社会変革に対応した新事業の創出』への積極的な取り組みが躍進につながりました。

DICアジアパシフィックの活動紹介

DICアジアパシフィックの活動紹介

パンデミックや国際紛争の影響を受ける中で高品質の製品・サービスの提供を徹底しています
2020 年以来、新型コロナウイルスのパンデミックにより、サプライチェーンの問題が多発し、原材料価格は上昇しています。そして最近では、ロシア・ウクライナ危機によるエネルギーコストの上昇と対応すべき課題が山積する中で、DICアジアパシフィック社は、社員の安全を第一に、回復と安定的な成長に向けた事業運営を行ってきました。この混乱期にあっても、当社は市場の変化に迅速に対応し、高品質の製品・サービスの提供に注力しています。
また、お客様の日々のご要望に対応するため、主要な原材料の確保や物流を管理しながら、最適な事業運営を維持するための施策を次々に実行しています。

DIC Chinaの活動紹介

DIC Chinaの活動紹介

孫子の「上下同欲者勝」(上下の意思統一が勝利をもたらす)を具現化し、経営層と社員が一体化した組織を目指します
2022年、DICグループは長期経営計画「DIC Vision 2030」を発表し、新たな経営ビジョンや基本方針、重点事業領域および戦略投資、技術プラットフォームの拡充、人的資本経営の強化、IT・デジタルトランスフォーメーションの推進、サステナビリティ戦略などの重点施策を明らかにしました。
また、人類が発展していくための共通認識として「グリーン社会、デジタル社会、QOL(Quality of Life)社会」への流れが高まる中で、DICが積極的に関わるための指標として、サステナビリティ目標を設定しています。これらによって株主を含むステークホルダーの利益・社会の利益を追求し、企業価値の長期的な向上を目指しています。
そして、DICグループが文化や風習、政治的環境、発展レベルが異なる60 以上の国と地域でビジネスを展開する中で「DIC Vision 2030」を実現するには、社員一人ひとりが経営理念・経営ビジョン・基本方針を十分に理解する必要があります。「孫子兵法」に『上下同欲者勝』という教えがあり、これは上下の意思統一ができている者は勝つという意味です。即ち、経営陣と社員一人ひとりが考え・目標を一致させることで、「専心用心一条心」(一心不乱で統一された考え)のもとグループの総合力を発揮できるのです。