DIC イオン藤井寺SCでやわらかい無線センサーのIoT実証実験開始 - 貼るだけ設置・簡単移設、どこでも温湿度・照度計測、落ちても踏んでも安心 -

  • 事業・製品
  • ニュースリリース
2019年11月20日

DIC株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:猪野薫)は、当社開発製品である温度・湿度・照度のセンシングに用いるやわらかい無線タイプのセンサー(以下、「やわらかい無線センサー」)のIoT実証実験を、イオンモール株式会社(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:吉田昭夫、以下「イオンモール」)のご協力のもと、10月よりイオン藤井寺ショッピングセンター(以下、「イオン藤井寺SC」)で開始しました。

イオン藤井寺SCでは、施設の省エネ・運営コストの削減、建物のインテリジェント化に向けて、イオンディライト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長兼社長執行役員 グループ CEO:濵田和成、以下「イオンディライト」)がオープンネットワークシステム※1による統合型施設管理サービスを提供しています。

本実証実験は、イオンモールおよびイオンディライトのご協力のもと、以下の検証を目的として実施するものです。

商業施設においては、「人の居る場所を計測したい」という要望がありますが、これまでのセンサーには、以下の課題がありました。 

 ●十分な設置スペースが無い
 ●センサーが目立ってしまい、意匠性の問題で設置が好まれない
 ●既存施設へ後付けで設置することが困難
 ●テナントやフロアレイアウトの変更時に適所設置が不可能

当社が開発したやわらかい無線センサーは、以下の特長を有し商業施設のこれらの課題を解決します。さらに、製品の筐体自体にネジや硬いケースといった構成要素を持たないため、廃棄時の分解やリサイクルが容易で環境にも配慮しています。

当社は、本実証実験の結果を踏まえて2020年度内を目途に同製品の製品化を目指します。加えて、「距離センサー」や「CO2センサー」などのラインナップ拡充も検討しており、オフィスの環境改善、介護施設の感染症警告やヒートショック回避、美術館の展示物保護、工事現場の熱中症警告など用途拡大を目指します。

なお、同開発品は、12月11日から13日まで青海展示棟(東京都江東区)にて開催される「スマートビルディング EXPO」の企業展示コーナーにおいて展示します。是非、お立ち寄りください。

注釈)
※1 オープンネットワークシステムとは、異なるメーカーの設備機器をネットワークで繋ぎ統合的に制御することで、省エネ効果、効率的な施設運営と遠隔オペレーションを可能とするシステムです。
※2 LoRaとは、LPWA(Low Power, Wide Area)という、少ない消費電力で広いエリアをカバーする無線通信方式の一つで、IoT向けの通信ネットワークに用いられます。

以上

社名:イオンモール株式会社(英語名: AEON MALL Co., Ltd.)
代表者:代表取締役社長 吉田 昭夫
所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬一丁目5番地1
設立:1911年11月
URL:https://www.aeonmall.com/
社名:イオンディライト株式会社(英語名: AEON DELIGHT CO., LTD.)
代表者:代表取締役社長兼社長執行役員 グループCEO 濵田 和成
所在地:大阪府大阪市中央区南船場二丁目3番2号
設立:1972年11月
URL:https://www.aeondelight.co.jp/
店舗名:イオン藤井寺ショッピングセンター
所在地:大阪府藤井寺市岡二丁目10番11号
開店日:2019年9月14日
URL:https://fujiidera-sc.com/

このニュースに関する
お問い合わせ

  • 電話でのお問い合わせ

    • 報道機関からのお問い合わせ
      コーポレートコミュニケーション部
    • 03-6733-3033
    • お客様からのお問い合わせ
      新事業統括本部エレクトロニクスビジネスユニット
    • 03-6733-5917

    PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。