オフセット用印刷インキの価格改定について

  • 事業・製品
  • ニュースリリース
2021年8月25日

DIC株式会社(社長執行役員:猪野薫)の子会社であるDICグラフィックス株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:甲斐 敏幸、以下「DICグラフィックス」)は、商業オフ輪インキ、油性枚葉インキ、UVインキ、新聞インキの価格を2021年10月18日出荷分より改定することを決定しました。

オフセット用印刷インキの主原料である顔料、樹脂、植物油、溶剤、光重合開始剤などは、世界的な景気回復に加え、環境対応による生産コストの上昇や各地で起こる天候不順などが影響し、世界規模で需給バランスが崩れ、これら原料の価格が高騰しています。加えて、容器などの副資材価格や、物流コストも上昇し続けています。
このような状況の中、DICグラフィックスでは銘柄統合と原料調達の見直しを進めるとともに、営業拠点の縮小や工場の統廃合によるダウンサイジングなどの様々なコストダウン策を実施してきました。しかしながら、オフセット用印刷インキの需要減少に加え、昨春からの新型コロナウイルスのパンデミックによる需要急減により、自助努力だけでは事業運営が厳しい状況となりました。上記の原料価格や物流コストの上昇分を吸収することは極めて困難な状況にあり、事業継続および安定供給のために、下記内容での価格改定を実施します。

価格改定幅:   商業オフ輪インキ            50~100円/kg
         油性枚葉インキ             50~100円/kg
         UVインキ               100~150円/kg
         新聞インキ               30~100円/kg
         ※金銀特殊品など一部製品については上記改定幅と異なります。
        
改定時期 :   2021年10月18日出荷分より

以上

このニュースに関する
お問い合わせ

  • 電話でのお問い合わせ

    • 報道機関からのお問い合わせ
      コーポレートコミュニケーション部
    • 03-6733-3033
    • お客様からのお問い合わせ
      DICグラフィックス(株)オフセットインキ営業本部
    • 03-6733-5052

    PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。