産業用ヘルメットに装着可能なフェイスシールド 『フェイスシールド プロ』 を新発売 -Withコロナ時代の作業現場における飛沫感染対策に貢献―

  • 事業・製品
  • ニュースリリース
2020年10月5日

DIC株式会社の100%子会社であり、プラスチック成型品の製造および販売を行うDICプラスチック株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:石井正人、以下「DPI社」)は、Withコロナ時代の新しいニーズに対応した飛沫感染対策製品として、産業用ヘルメットに装着可能なフェイスシールド 『フェイスシールド プロ』 の販売を開始しました。

製品の概要

製品名 :フェイスシールド プロ
素 材 :PET
サイズ :縦250mm×横264mm×高さ114mm
厚 さ :0.8mm
重 量 :90g
販売単位:1セット5個入り
価 格 :オープン価格
特 長 :飛沫感染予防、視認性、作業性、防曇加工、跳ね上げ式

新型コロナウイルス感染症への感染リスクが常に伴うWithコロナ時代では、飛沫感染を防ぐ対策が日常生活ばかりでなく職場環境においても求められています。日常生活では主にマスク、フェイスシールド、マウスシールドなどの飛沫感染対策製品が用いられますが、ヘルメットの着用が必要な製造および作業現場においては、熱中症への対策を踏まえ、視認性、耐久性、作業性を兼備する製品が求められています。
DPI社では、このようなニーズに対応すべく産業用のヘルメットに装着可能なフェイスシールド『フェイスシールド プロ』を開発しました。本製品は顎下までしっかりガードする形状により飛沫感染を予防、同時に高い視認性、作業性を確保しています。加えて、防曇加工による曇り防止や、使用時以外は跳ね上げ脱着が可能なため、作業者の快適性に貢献します。

DICグループは、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大に対し、当社グループ一丸で何ができるかに向き合っています。「安全・安心」、「彩り」、「快適」という私たちが社会にお届けする価値提供を軸に、今後もお客様のニーズに対応した製品開発を迅速に進めていきます。

以上

DICプラスチックは、プラスチック成型加工を基盤技術として、安全資材や容器資材、医療資材などの成形加工、組立、並びに金型、加工用機械などの製造・販売をするDICの100%子会社です。
社 名:DICプラスチック株式会社(DIC Plastics, Inc.)
代 表 者:代表取締役社長 石井 正人
所 在 地:〒330-8669埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目7番地5 ソニックシティビル20階
設 立:1991年11月1日
U R L:https://www.dic-plas.co.jp/index.html

DICは印刷インキ、有機顔料、PPSコンパウンドで世界トップシェアの化学メーカーです。1908年に印刷インキの製造と販売で創業し、その基礎素材である有機顔料、合成樹脂をベースとして、自動車、家電、食品、住宅などの様々な分野に事業を拡大。現在、世界の60を超える国と地域にグローバルに事業を展開しています。
社  名:DIC株式会社(DIC Corporation)
代 表 者:代表取締役 社長執行役員 猪野 薫
所 在 地:〒103-8233 東京都中央区日本橋 3-7-20 ディーアイシービル
設  立:1908年2月
U R L :https://www.dic-global.com/

このニュースに関する
お問い合わせ

  • 電話でのお問い合わせ

    • 報道機関からのお問い合わせ
      コーポレートコミュニケーション部
    • 03-6733-3033
    • お客様からのお問い合わせ
      DICプラスチック株式会社 産業資材営業グループ
    • 048-658-8857

    PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。