速乾性能に優れた塗料、印刷インキ向け乾燥促進剤を開発 ー乾燥時間を約半分に短縮!コバルトフリーで環境にも配慮ー

  • 事業・製品
  • ニュースリリース
2020年6月15日

DIC株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:猪野薫)は、このたび塗料や印刷インキなどに用いられる速乾性能に優れた酸化重合型樹脂の乾燥促進剤(ドライヤー)を開発しました。同製品は、『DICNATE(ディックネート)』シリーズとして上市し、既にサンプルワークを開始しました。今後、アジアや中東、欧米地域などの塗料や印刷インキ業界への販売を視野に、2025年までに売上高10億円を目指します。

塗料や印刷インキの硬化や乾燥促進には、ドライヤーと呼ばれる金属石鹸が用いられます。金属石鹸は、金属塩と脂肪酸が結合したもので、一般的に水には溶けず有機溶剤に溶ける特性を有しています。また、硬化や乾燥性能を高める場合は、一般的にコバルト(Co)の金属塩が用いられますが、コバルトは環境への負荷やコストの観点などで課題を抱えています。そのため、当社はコバルトドライヤーと同等以上の速乾性能を有する非コバルトのドライヤーを開発しました。同製品は、優れた速乾性能を発揮するだけでなく、コスト削減や環境への負荷低減での貢献も期待できます。さらに、溶剤系だけではなく水系にも用いることができるため、様々なニーズに対応することが可能です。

DICグループは、中期経営計画「DIC111」において、環境に配慮したサステナビリティ製品や高機能製品を社会に提供することで、社会貢献と持続的な成長の実現を事業方針に据えています。今後も塗料や印刷インキの市場要請に対応した高機能製品を提供し、事業規模拡大に努めていきます。

以上

■金属石鹸の製品ページ

このニュースに関する
お問い合わせ

  • 電話でのお問い合わせ

    • 報道機関からのお問い合わせ
      コーポレートコミュニケーション部
    • 03-6733-3033
    • お客様からのお問い合わせ 機能性添加剤営業グループ
    • 03-6733-6164

    PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。