包装用多層フィルムとは

共押出多層フィルムとは、熱可塑性樹脂を複数の押出機より同時に押し出し、ひとつのダイを通過させ、その内外で溶融状態の樹脂を1工程で積層する複合成型加工技術により生産されたフィルムのことです。DICはTダイ法による共押出多層フィルムを1970年代に国内で初めて製造・販売したメーカーです。

単体ではフィルム状にできない極めて薄い樹脂層を積層することができます。これによって、耐熱性・ヒートシール性・剛性・柔軟性・耐寒性・イージーピール性等、様々な機能を1枚のフィルムに併せ持たせる事が可能となります。

包装用多層フィルムの詳しい製品情報は、「DIFAREN」製品サイトをご覧ください。

DIFAREN.com DIFAREN.com

製品カタログ

この製品に関するお問い合わせ

  • 電話でのお問い合わせ

    • フィルム営業グループ(東京)
    • 03-6733-6213
    • フィルム営業グループ(大阪)
    • 06-6252-9550