レスポンシブル・ケアの推進

基本的な考え方

ICCA(国際化学工業協会協議会)によるレスポンシブル・ケア認定書
ICCA(国際化学工業協会協議会)によるレスポンシブル・ケア認定書

化学物質を取り扱う企業として、DICグループは「安全・環境・健康」の取り組みに統一規約(コード)を設けて、法規制以上の活動レベルを念頭に取り組み、成果を公表しています。基本方針に加えて、年度ごとの活動計画を定めて推進しています。

これまでの取り組み

DICは、1992年に「環境・安全・健康の理念と方針」を定め、1995年に「レスポンシブル・ケア」の実施を宣言しました。さらに2006年1月には、「レスポンシブル・ケア世界憲章支持宣言書」に 署名しレスポンシブル・ケア・マネジメントを、経営を支える基盤と位置づけ継続的な向上に取り組んでいます。2014年に内容の一部を改訂し、現在は「安全・環境・健康に関する方針」として運用しています。

安全・環境・健康に関する方針

DICグループは、社会の一員として、また化学物質を製造・販売する企業として、安全・環境・健康の確保が経営の基盤であることを認識し、このことを事業活動のすべてに徹底し「持続可能な開発」の原則のもとに、生物多様性を含め地球環境等に調和した技術・製品を提供し、もって社会の発展に貢献する。

  1. 製品のライフサイクルにわたり、安全・環境・健康に責任を持って行動する。
  2. 安全・環境・健康の目的・目標を定めて、継続的な改善を図る。
  3. 安全・環境・健康に係わる法律、規則、協定などを遵守する。関係法律が整備されていない国においては、安全操業最優先・地球環境保護の観点に立ち行動する。
  4. 安全・環境・健康の教育と訓練を計画的に実施する。
  5. 安全・環境・健康を確保するために、体制を整備し、内部監査を実施する。

この基本方針は、社内外に公表する。DICグループ各社に対し、この基本方針に対応することを求める。上記に述べた「安全」には、保安防災を含む。

プロダクトスチュワードシップを基盤に

DICグループは、レスポンシブル・ケアを推進する上で「プロダクトスチュワードシップ」を活動の基盤と位置づけています。プロダクトスチュワードシップは、製品のライフサイクル全体(化学物質の開発から調達、製造、輸送、販売、使用、廃棄・リサイクル)でリスクを評価した結果を、それに基づいて導いた製品の安全な取り扱い方法に関する情報と併せて開示してステークホルダーと共有し、人の健康・安全と環境を守る活動をサプライチェーンへ展開していく考え方です。

7つのコードを対象にPDCAサイクルを展開

環境方針

DICグループのレスポンシブル・ケア活動は、日本レスポンシブル・ケア協議会(JRCC)が定めた6つのコード(1~6)とこれらを有効的に運用するためのマネジメントシステムコードの計7コードで運用しています。
推進にあたっては、DICおよび国内DICグループでは環境マネジメントシステム(ISO14001)を活用し、海外DICグループの一部ではこれらに加えて労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)の認証取得を推奨し、継続的なレベルアップを図っています。

  1. 環境保全(化学物質の排出/発生量の継続的低減)
  2. 保安防災(火災、爆発、化学物質流出事故の防止)
  3. 労働安全衛生(働く人々の安全と健康を確保)
  4. 化学品・製品安全(化学製品のリスク管理)
  5. 物流安全(流通時における化学品のリスク軽減)
  6. 社会との対話(環境・安全・健康に関する地域社会とのコミュニケーション)
  7. マネジメントシステム(上記のコードをシステムとして統一的に運用)

年度計画

DICグループは、年度ごとにレスポンシブル・ケア活動計画を定めグループ全体に活動を展開し、英語・中国語にも翻訳して周知徹底と活動促進に取り組んでいます。2017年度のDICグループ活動計画に基づいて、事業展開する地域の統括会社では、地域ごとに活動計画を策定しています。これをさらにブレークダウンしながら各グループ会社で目標管理を意識して、活動計画の具体化を図り、レスポンシブル・ケア活動の推進と、生産活動を通じた環境型社会への貢献を目指して活動しています。

2017年度の活動

2017年度のDICグループのレスポンシブル・ケア活動は以下の計画に基づき取り組みを推進しました。

2017年度DICグループ レスポンシブル・ケア活動計画

  1. 保安防災・労働安全衛生
    DICグループの最終目標は「ゼロ災害」の継続である。この目標に向け、地域ごとに2017年における労働災害の発生率の目標を掲げ活動する。
  2. 環境保全
    DICグループは、環境負荷低減活動を推進する。地域ごとに環境負荷低減の為の具体的目標を定め活動する。特に地球温暖化の主要因であるCO2排出量については、DICグループの削減目標(2013年度比、2020年度時点で7%削減(年平均1%削減))を意識した目標設定を行い、省エネルギー活動とエネルギーの低炭素化(再生可能エネルギーの活用等)に取り組む。
  3. 物流安全
    DICグループは、化学品を安全に輸送する為の情報提供を継続する。
  4. 化学品・製品安全
    DICグループは、ステークホルダーに製品のライフサイクルに渡る適切な取り扱いをする為の情報提供を推進する。
  5. 社会との対話
    DICグループは、当社グループのレスポンシブル・ケア活動の結果をDICレポートとして公表を継続する。
  6. マネジメントシステム
    DICグループは、安全・環境・健康・化学物質管理・安全保障貿易管理に関する法令、規準、協定の遵守を推進する。
    DICグループは、PDCAサイクルを回し、レスポンシブル・ケア活動を推進する。
    DICグループは、安全・環境・健康に関する人材育成を推進する。

トップメッセージ

トップメッセージ
トップメッセージ

環境月間および安全週間のタイミングで社長より安全・環境に関するメッセージを発信しています。

推進体制

レスポンシブル・ケア 推進体制図
レスポンシブル・ケア 推進体制図

年度ごとに重点的に取り組むべき課題を定めて、事業会社単位、工場・研究所単位で、自律的に活動のPDCAサイクルを回しています。レスポンシブルケア部は、各組織の活動が円滑に進むよう様々な面から活動するとともに定期的に監査を行い、コンプライアンスの確保、安全・環境の改善やレベルアップを図っています。

グループ会社への活動支援

レスポンシブルケア部は、グループ全体のレスポンシブル・ケア活動のレベルアップを図るために、規模の大小を問わず国内外グループ会社(計67事業所)への幅広いサポートを展開しています。

ISO14001の取得

DICグループ(グローバル)のISO14001の取得率は75%となっています。(2018年6月現在)

2017年度の活動

海外グループ会社へのサポート強化

中国・アジアパシフィック地区「安全環境省エネ会議」(アジアパシフィック地区)
中国・アジアパシフィック地区「安全環境省エネ会議」(アジアパシフィック地区)

安全環境活動を各国・地域ごとの実情に即して、柔軟かつ自律的な推進を目的に、2016年度に体制を再構築し、取り組みを推進しています。また、年1回、中国地区のグループ会社トップおよび工場長や担当者、DIC本社から担当役員とレスポンシブルケア部員などが一堂に会し、「安全環境省エネ会議」を開催し、取り組みの進捗状況や課題、今後の方針などについて意見交換を図っています。
さらに、2017年2月には、新たな試みとして「日本・アジアパシフィック・中国の3地域会議」をDIC本社で開催し、目標管理やデータ管理の拡充などについて話し合い、先進的な取り組みを行っている国内工場の見学も実施しました。また、イントラネット上で多様な情報を共有するプラットフォーム(シェアポイント)を活用し、担当者同士がデータや会議資料などの共有を図っています。

アジアパシフィック(AP)地区

アジアパシフィック地区の推進体制
アジアパシフィック地区の推進体制

AP地区には地域統括責任者のもとに国ごとの担当者(カントリーヘッド)を配置。各担当者は、定期的に国別会議を開催して、現地法人や事業所の各担当者などが参加し、取り組み方針や目標・課題などについて検討しています。
また、年1回、シンガポールの地域統括会社に関係者が集結する「カントリーヘッド会議」を開催。インドネシア・タイ・マレーシアのカントリーヘッド、ESH(環境・安全・健康)担当者、AP地区担当役員、レスポンシブルケア部員が参加し、次年度のESH活動方針、目標・課題、省エネ投資などを話し合います。
2017年は11月に開催し、15名が参加しました。

【取り組み事例】

AP地区では、10ヶ国に16のグループ会社が事業を展開していますが、文化や言語などの多様性に加え、労働安全衛生に関しての認識レベルも違います。これらの相違を解決するには、各グループ会社が共通の労働安全衛生の基準を定め、効率的に実践できる環境を整える必要があります。
そこで統括会社は、世界的な共通基準として認知されている、OHSAS18001を安全管理システムとして採用し、AP地区の各グループ会社へ、システム導入の奨励と支援を開始。これまでにOHSAS18001を12事業所が取得し、2017年度は、DICフィリピンに対して、2018年度取得に向けた支援を実施しました。
なお、AP地区の生産拠点におけるOHSAS18001の取得割合は88%です。

  • 生産数量に対する取得率。
VOICE

鹿島工場での「労働安全衛生」研修を振り返って

DIC鹿島工場では、「安全第一」というDICのスローガンに基づき、従業員全員に安全訓練と安全装置を提供していることに大変関心を持ちました。DIC本社のグローバル能力開発プログラム、また鹿島工場での消防訓練、個人防護訓練、津波避難訓練、埼玉工場での実践的な安全訓練など、様々な安全訓練を学びました。また、鹿島工場の各部門では、定期的な安全会議を開催し、作業現場での安全状態やリスクアセスメントチェックについて議論しています。
これらの活動の利点は、従業員が作業手順、化学品の取り扱い、事故を起こさないように安全に作業することを習得できることです。事故目標がゼロで良好な作業環境を作り出すことは良い循環につながります。これらの安全訓練の経験をインドネシアに帰って安全チームに伝えたいと考えます。

PT DIC Graphics, Karawan Plant Beta production supervisor BACHTIAR NUGROHO AMARULLAH/R&D staff SUGIANTO

PT DIC Graphics, Karawan Plant Beta production supervisor
BACHTIAR NUGROHO AMARULLAH
R&D staff
SUGIANTO

VOICE

アジアパシフィック地区でのマネジメントシステムの運用

DICアジアパシフィック地区では、11ヶ国に18のグループ会社が事業を展開しています。事業を行う中で、 文化や言語などの多様性に加えて、第一に労働安全衛生に関しての認識レベルの違いという課題に直面しました。これらの多様性やレベルの相違を解決するには、各グループ会社が共通の労働安全衛生の基準を定め、全グループ会社が効率的に実行する必要がありました。
私たちは、世界的に共通の基準として広く認知されている、OHSAS18001を安全管理システムとして採用し、アジアパシフィック地区の各グループ会社へ、当システムの導入奨励および支援を開始しました。現在、同地域ではOHSAS18001を12のグループ会社が取得しています。2017年度は、DICベトナムとDICフィリピンに対して、2018年度のOHSAS18001完全取得に向け、 支援を行っていきます。

Reg. Mfg. Director / Reg ESH Coordinator Mr. GOOI Kee Mein, Reg. Mfg. & ESH Manager Mr. CHUA Sin Wee

Reg. Mfg. Director / Reg ESH Coordinator
Mr. GOOI Kee Mein,
Reg. Mfg. & ESH Manager
Mr. CHUA Sin Wee

中国地区

中国地区では、DIC本社のESH実務責任者をESH総監として派遣するとともに、華南・華東の地区別にコーディネーターを配置し体制強化を図っています。また、定期的に本社と地域統括会社を結んで電話会議を行い、問題点の早期解決に結びつけています。

【取り組み事例】

中国では環境法令・基準整備などは先進国と同等に強化され、一部の基準は日本より厳格です。安全規制も天津の爆発事故以後、厳格に適用されています。このような中で、DIC中国のESH 部門には化学品担当者を、華南・華東地区にはESHコーディネーターを配置し、安全環境体制の再構築に努めています。
また、各事業場ESH担当者に危険化学品に関するトレーニングや外部講師による講習会を開催するなど、最新の法令や知識習得に注力しています。さらに全従業員に『DIC安全基本動作 輪読版』の中国版を配布し、各自が安全基本動作を習慣化して行動できるよう支援を行っています。

TOPICS DIC Chinaが「EHS マネジメント講習会」を開催

DIC China が「EHS マネジメント講習会」を開催

2017年6月7日、8日、DIC ChinaのEHS部門は南京において、中国地区事業所の総経理をはじめ幹部クラスを対象に「EHS管理」の講習会を開催しました。講師には、中国国家安全監管総局PSMプロジェクト技術総顧問の劉氏を招き「国際先進安全理念および企業安全文化の醸成」、「リスクコントロール」および現在法制化を進めている「化学企業に対する安全管理」などについて講演いただき、参加者は「安全操業が最優先」であることを再認識しました。DIC Chinaは今後もこうした機会を設けて安全文化の醸成に努めていきます。

COMMENT

DIC中国ESH教育の感想

私は2017年6月に南京でDICに「国際先進的な安全管理理念および方法」教育を実施したことを光栄に思います。DICは教育を厳密に行い、会議場をゆったりと配置し、教育現場は活発な交流の場面を持ち、非常に満足度の高い教育結果をもたらし、管理者と従業員双方から好評を得ました。この教育を通じて、私はDICの管理者が安全管理と従業員へのケアを重視していることを感じています。また、安全管理について良い仕事をする自信と決意が示されています。
DICの積極的な改善行動は称賛に値します! DICからの教育への全面的なサポートに心から感謝します。安全管理の先進的な理念、方法や道具等が役に立つことを願っています。またDICに良い将来があることを祈ります。

中国国家安全監管総局PSM プロジェクト 技術総顧問 刘 奕富 様

中国国家安全監管総局PSM プロジェクト
技術総顧問
刘 奕富 様

VOICE

中国の安全環境体制をさらに強化しています

中国では環境法令・基準整備などは先進国レベルと同等に強化され、一部の基準は日本より厳しくなっています。また、安全規制も天津の爆発事故以後、厳格に適用され、企業を取り巻く環境は一層厳しくなってきています。このような中で、私たちDIC中国のESH部門では化学品担当者を、華南・華東地区においてはESHコーディネーターを配置し、安全環境体制の再構築に努めています。
さらに、各事業場 ESH担当者に危険化学品に関するトレーニングを実施し、最新の法令や知識習得に注力しています。一方、安全については『DIC安全基本動作 輪読版』の中国版を製作し、各事業場に配布しました。このDIC安全基本動作は労働災害防止に不可欠で、各自が安全基本動作を習慣化して行動できるまで様々な支援を行っていきます。

区域 ESH 総監 王

区域
ESH 総監

欧米・アフリカ地区

欧米・アフリカ地区については、グループ会社のサンケミカル社が、すべてのレスポンシブル・ケア活動を統括管理しています。DIC本社は、サンケミカル社とDICグループ全体の基本方針・価値観を共有しながら、相互の連携を密にするため、実務担当者がESHに関する会議を開催しています。
2017年度は、5月、9月、11月に、活動状況、化学物質管理、緊急時の連絡体制などをテーマに、意見を交わしました。

国内グループ会社へのサポート

日本においても、従業員の健康管理や災害事故の未然防止に向けた一層の体制強化が求められています。そこで2016年に、DICおよびDICグラフィックス株式会社の主要工場でESH活動の実務責任者を務めるグループリーダー(GL)による「GL会議」を新設しました。2017年は5回のGL会議を開催し、レスポンシブルケア部員も参加して、基準等の整備や共有課題の改善を検討する活動を進めています。

情報の公開・社会との対話

DICグループは積極的な情報公開によって活動の透明性を高めると同時に、ステークホルダーとの対話を通じて活動のレベル向上を図っています。
DICグループとして、ウェブサイトやDICレポートなどで安全・環境に関するデータや活動を公開し、各工場では定期的に周辺住民の方々への環境説明会・地域対話集会を開催しました。
また、サイトレポートの発行、中学・高校生の体験学習の受け入れ、地域防災訓練への参画、祭りなど地域イベントへの協力など、工場の地域特性に適した取り組みを通じて社会とのコミュニケーションを深めています。
海外事業所においても温暖化防止や生物多様性の保全に寄与する植樹活動などを通じて地域社会との対話・交流に努めています。

  • 工場が立地するコミュニティへの環境説明会(埼玉工場)工場が立地するコミュニティへの環境説明会(埼玉工場)

  • サイトレポートの発行サイトレポートの発行

  • 地域イベントへの協力(東京工場・盆踊り)地域イベントへの協力(東京工場・盆踊り)

DIC広州の植樹活動(中国)

DIC広州の植樹活動(中国)

DIC製品の販売を業務とするDIC広州は、2017年4月に33名の社員全員が参加し、白雲山で植樹を行いました。白雲山は広州一の名山として知られ、28㎢の広大な面積に風光明媚な観光名所が点在し、多くの人々が訪れます。
植樹には、広州の風土に良く合い、香りの良さから茶や菓子にも使われる金木犀(中国名:桂花)を選び、5班に分かれて行いました。DIC広州は今後もこうした活動を継続し地元に貢献していきます。

DIC北陸工場が泡消火薬剤の実験会を開催(日本)

DIC 北陸工場が泡消火薬剤の実験会を開催(日本)

2017年6月、北陸工場は地域の消防関係者や近隣企業の関係者を招いて耐アルコール泡消火薬剤(製品名:メガフォーム)の消火実験会を開催しました。この薬剤は、アルコール類やケトン類などの水溶性危険物に対しても、泡が溶けずに消火性能を維持でき、多くの消防局や空港・コンビナート・発電所・海上保安庁などに納入されています。このような薬剤の存在と性能を知ることで防災・減災に役立つことから、北陸工場では今後も機会あるごとにこうした催しを企画していきます。

TOPICS 産業と社会貢献や環境保全の両立により評価

サイアムケミカル社がGreen Industry Award のレベル4 認証を取得サイアムケミカル社がGreen Industry Awardのレベル4認証を取得

2017年9月、サイアムケミカル社がタイ・工業省よりGreen Industry Awardのレベル4認証を取得しました。この賞は、2011年に工業省が国内産業の発展と環境保全を両立させる目的で創設した表彰制度で、レベルが1~5段階で設定され、各レベルの評定を達成した企業には、そのレベルのグリーン産業マーク(Green Industry Mark)が与えられます。同社は既にISO14001、ISO9001を認証取得し、Level3にありましたが、今回「全従業員が高い環境意識を持ち、企業文化として根付いている」ことを評価する Level4(Level5が最高)を獲得。Level4の受賞は189社ですが、同社が位置するサムットプラカーン県の化学工場では唯一の受賞です。

サステナビリティ>

HOME > サステナビリティ > 安全・環境・健康 > レスポンシブル・ケアの推進