レスポンシブル・ケアの推進

基本的な考え方

ICCA(国際化学工業協会協議会)によるレスポンシブル・ケア認定書
ICCA(国際化学工業協会協議会)によるレスポンシブル・ケア認定書

化学物質を取り扱う企業として、DICグループは「安全・環境・健康」の取り組みに統一規約(コード)を設けて、法規制以上の活動レベルを念頭に取り組み、成果を公表しています。基本方針に加えて、年度ごとの活動計画を定めて推進しています。

これまでの取り組み

DICは、1992年に「環境・安全・健康の理念と方針」を定め、1995年に「レスポンシブル・ケア」の実施を宣言しました。さらに2006年1月には、「レスポンシブル・ケア世界憲章支持宣言書」に署名しレスポンシブル・ケア・マネジメントを、経営を支える基盤と位置づけ継続的な向上に取り組んでいます。2014年に内容の一部を改訂し、現在は「安全・環境・健康に関する方針」として運用しています。

安全・環境・健康に関する方針

DICグループは、社会の一員として、また化学物質を製造・販売する企業として、安全・環境・健康の確保が経営の基盤であることを認識し、このことを事業活動のすべてに徹底し「持続可能な開発」の原則のもとに、生物多様性を含め地球環境等に調和した技術・製品を提供し、もって社会の発展に貢献する。

  1. 製品のライフサイクルにわたり、安全・環境・健康に責任を持って行動する。
  2. 安全・環境・健康の目的・目標を定めて、継続的な改善を図る。
  3. 安全・環境・健康に係わる法律、規則、協定などを遵守する。関係法律が整備されていない国においては、安全操業最優先・地球環境保護の観点に立ち行動する。
  4. 安全・環境・健康の教育と訓練を計画的に実施する。
  5. 安全・環境・健康を確保するために、体制を整備し、内部監査を実施する。

この基本方針は、社内外に公表する。DICグループ各社に対し、この基本方針に対応することを求める。上記に述べた「安全」には、保安防災を含む。

プロダクトスチュワードシップを基盤に

DICグループは、レスポンシブル・ケアを推進する上で「プロダクトスチュワードシップ」を活動の基盤と位置づけています。プロダクトスチュワードシップは、製品のライフサイクル全体(化学物質の開発から調達、製造、輸送、販売、使用、廃棄・リサイクル)でリスクを評価した結果を、それに基づいて導いた製品の安全な取り扱い方法に関する情報と併せて開示してステークホルダーと共有し、人の健康・安全と環境を守る活動をサプライチェーンへ展開していく考え方です。

8つのコードを対象にPDCAサイクルを展開

環境方針

DICグループのレスポンシブル・ケア活動は、日本レスポンシブル・ケア協議会(JRCC)が定めた6つのコード(1~6)に、2つ(7~8)を加えた計8つのコードをマネジメントシステムによって統一的に運用管理しています。
推進にあたっては、DICおよび国内DICグループでは環境マネジメントシステム(ISO14001)を活用し、海外DICグループの一部ではこれらに加えて労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)の認証取得を推奨し、継続的なレベルアップを図っています。

  1. 環境保全(化学物質の排出/発生量の継続的低減)
  2. 保安防災(火災、爆発、化学物質流出事故の防止)
  3. 労働安全衛生(働く人々の安全と健康を確保)
  4. 化学品・製品安全(化学製品のリスク管理)
  5. 物流安全(流通時における化学品のリスク軽減)
  6. 社会との対話(環境・安全・健康に関する地域社会とのコミュニケーション)
  7. コンプライアンス(安全保障輸出感知体制の強化と化学物質法規制情報担当者の育成)
  8. マネジメントシステム(上記のコードをシステムとして統一的に運用)

年度計画

DICグループは、年度ごとにレスポンシブル・ケア活動計画を定めグループ全体に活動を展開し、英語・中国語にも翻訳して周知徹底と活動促進に取り組んでいます。2016年度のDICグループ活動計画に基づいて、事業展開する地域の統括会社では、地域ごとに活動計画を策定しています。これをさらにブレークダウンしながら各グループ会社で目標管理を意識して、目標計画の具体化を図り、レスポンシブル・ケア活動の推進と、生産活動を通じた環境型社会への貢献を目指して活動しています。

2016年度の活動

2016年度のDICグループのレスポンシブル・ケア活動は以下の計画に基づき取り組みを推進しました。

2016年度DICグループ レスポンシブル・ケア活動計画

  1. 保安防災・労働安全衛生
    DICグループの最終目標は「ゼロ災害」の継続である。この目標に向け、地域ごとに2016年における労働災害の発生率の目標を掲げ活動する。
  2. 環境保全
    DICグループは、環境負荷低減活動を推進する。地域ごとに環境負荷低減の為の具体的目標を定め活動する。
  3. 物流安全
    DICグループは、化学品を安全に輸送する為の情報提供を推進する。
  4. 化学品・製品安全
    DICグループは、ステークホルダーに製品のライフサイクルに渡る適切な取り扱いをする為の情報提供を推進する。
  5. 社会との対話
    DICグループは、当社グループのレスポンシブル・ケア活動の結果をDICレポートとして公表する。
  6. マネジメント・システム
    DICグループは、PDCAサイクルを回し、レスポンシブル・ケア活動を推進する。
    DICグループは、安全・環境・健康に関する人材育成を推進する。
  7. 法令遵守
    DICグループは、安全・環境・健康に関する法令、規準、協定を遵守する。

推進体制

レスポンシブル・ケア 推進体制図
レスポンシブル・ケア 推進体制図

年度ごとに重点的に取り組むべき課題を定めて、事業会社単位、工場・研究所単位で、自律的に活動のPDCAサイクルを回しています。レスポンシブルケア部は、各組織の活動が円滑に進むよう様々な面から活動するとともに定期的に監査を行い、コンプライアンスの確保、安全・環境の改善やレベルアップを図っています。

グループ会社への活動支援

レスポンシブルケア部は、グループ全体のレスポンシブル・ケア活動のレベルアップを図るために、規模の大小を問わず国内外グループ会社(計51事業所)への幅広いサポートを展開しています。

2016年度の活動

海外グループ会社へのサポート

中国・アジアパシフィック地区「安全環境省エネ会議」(アジアパシフィック地区)
中国・アジアパシフィック地区「安全環境省エネ会議」(アジアパシフィック地区)

アジアパシフィック地区の推進体制
アジアパシフィック地区の推進体制

安全環境活動を各国・地域ごとの実情に即して、柔軟かつ自律的に推進することを目的に体制の再構築を行いました。
DICアジアパシフィック地区は、2016年に地域統括責任者のもとに新たに国ごとの担当者(カントリーヘッド)を配置しました。
そして、10月にシンガポールの地域統括会社において「カントリーヘッド会議」を開催しました。会議にはアジアパシフィック地区3ヶ国のカントリーヘッド、ESH (環境・安全・健康)担当者、DICアジアパシフィックの担当役員、レスポンシブルケア部員など13名が参加し、2017年度のESH活動方針、目標・課題、省エネ投資等に関して意見が交わされました。
さらに、12月にはインドネシアで国別会議が開かれ、同国の現地法人や事業所の代表者・担当者などが参加して、今後の取り組み方針や目標・課題などについて話し合いました。
一方、中国地区では、DIC本社のESH実務責任者を中国地区のESH総監として派遣するとともに、華南・華東の地区別にコーディネーターを配置し体制強化を図りました。さらに、レスポンシブル・ケア活動のキーパーソンであるESHマネージャーと華南・華東地区のESHコーディネーターをDIC本社に招き、工場見学を含む研修に参加することなどによりスキル向上を図っています。
11月には南通迪愛生色料有限公司(中国)において「安全環境省エネ会議」を開催し、中国・アジアパシフィック地区のグループ会社トップおよび工場長や担当者、DIC本社から担当役員とレスポンシブルケア部員など52名が参加し、取り組みの進捗状況や課題、今後の方針などについて意見を交わしました。

VOICE

中国の安全環境体制をさらに強化しています

中国では環境法令・基準整備などは先進国レベルと同等に強化され、一部の基準は日本より厳しくなっています。また、安全規制も天津の爆発事故以後、厳格に適用され、企業を取り巻く環境は一層厳しくなってきています。このような中で、私たちDIC中国のESH 部門では化学品担当者を、華南・華東地区においてはESHコーディネーターを配置し、安全環境体制の再構築に努めています。
さらに、各事業場 ESH担当者に危険化学品に関するトレーニングを実施し、最新の法令や知識習得に注力しています。一方、安全については『DIC安全基本動作 輪読版』の中国版を製作し、各事業場に配布しました。このDIC安全基本動作は労働災害防止に不可欠で、各自が安全基本動作を習慣化して行動できるまで様々な支援を行っていきます。

区域 ESH 総監 王

区域
ESH 総監

VOICE

アジアパシフィック地区でのマネジメントシステムの運用

DICアジアパシフィック地区では、11ヶ国に18のグループ会社が事業を展開しています。事業を行う中で、 文化や言語などの多様性に加えて、第一に労働安全衛生に関しての認識レベルの違いという課題に直面しました。これらの多様性やレベルの相違を解決するには、各グループ会社が共通の労働安全衛生の基準を定め、全グループ会社が効率的に実行する必要がありました。
私たちは、世界的に共通の基準として広く認知されている、OHSAS18001を安全管理システムとして採用し、アジアパシフィック地区の各グループ会社へ、当システムの導入奨励および支援を開始しました。現在、同地域ではOHSAS18001を12のグループ会社が取得しています。2017年度は、DICベトナムとDICフィリピンに対して、2018年度のOHSAS18001完全取得に向け、 支援を行っていきます。

Reg. Mfg. Director / Reg ESH Coordinator Mr. GOOI Kee Mein, Reg. Mfg. & ESH Manager Mr. CHUA Sin Wee

Reg. Mfg. Director / Reg ESH Coordinator
Mr. GOOI Kee Mein,
Reg. Mfg. & ESH Manager
Mr. CHUA Sin Wee

国内グループ会社へのサポート

日本においても、従業員の健康管理や災害事故の未然防止に向けた一層の体制強化が求められています。そこで2016年に、DICおよびDICグラフィックス(株)の主要工場でESH活動の実務責任者を務めるグループリーダー(GL)による「GL会議」を新設しました。2016年は5回のGL会議を開催し、レスポンシブルケア部員も参加して、基準等の整備や共有課題の改善を検討する活動を進めています。

情報の公開・社会との対話

DICグループは積極的な情報公開によって活動の透明性を高めると同時に、ステークホルダーとの対話を通じて活動のレベル向上を図っています。具体的にはウェブサイトやDICレポートなどで安全・環境に関するデータや活動を公開し、また地域対話集会の開催など、社会とのコミュニケーション活動を通じて積極的な取り組みを進めています。

サステナビリティ>

Global | HOME > サステナビリティ > 安全・環境・健康 > レスポンシブル・ケアの推進