安全・環境・健康

レスポンシブル・ケア

DICは世界の化学企業の一員として、レスポンシブル・ケア世界憲章維持宣言書に署名し、安全・環境・健康の向上に一層取り組んでまいります。

レスポンシブル・ケア活動が正しく機能していることを客観的に評価するため、定期的に事業所の監査を実施しています。

事業活動に伴う業務上災害をゼロにするため、様々な活動を継続しています。

化学物質把握管理促進法で指定された物質、および一般社団法人日本化学工業協会が自主調査対象として定めた物質を調査対象として、大気・水域・土壌など環境への排出削減を進めています。

DICでは循環型社会の形成に向け、資源の再資源化を基本に、産業廃棄物の発生抑制・再使用・再利用(3R)を推進し、ゼロエミッション活動に取り組んでいます。

DICでは、原材料や製品における化学物質の総合的な管理を行い、お客様に迅速に情報を提供しています。

地球温暖化防止に向けてエネルギー使用量(CO2排出量)の削減に取り組み、データを積極的に公開しています。

DICは、物流安全(流通時における化学品のリスク軽減)と製品輸送時におけるCO2排出量の削減を重要なテーマと位置づけ、継続的に取り組んでいます。

環境投資・環境活動の効率化と継続的改善を推進するため、1998年度より「環境会計制度」を導入しています。

DICグループは、生物多様性の保全を重要課題と認識し、取り組みを進めています。

その他の安全・環境・健康への取り組みをご報告します。

サステナビリティ>

Global | HOME > サステナビリティ > 安全・環境・健康