サステナビリティ

トップメッセージ

DICレポート

DICレポート(統合報告書)

DICレポートの最新版およびバックナンバーを掲載しています

mark DICレポート2017

サステナビリティへの取り組み

DICグループの「サステナビリティ」

地球環境・生態系・社会経済システムなどに配慮し、持続的に発展すべき(サステナビリティ)という認識に基づいた取り組みを進めています。

mark コーポレート・ガバナンス | マテリアリティ分析の概要 | コンプライアンス | リスクマネジメント(BCM等) | 情報セキュリティ | ISO取得状況 | 国連グローバル・コンパクト

DICグループの「サステナビリティ」

ステークホルダーとの関わり

対話や展示会、WEB、イベント等の様々な機会を通じて、ステークホルダーとのコミュニケーションの促進に向けた取り組みをグローバルに進めています。

mark お客様とDIC | お取引先とDIC | 株主・投資家とDIC | 社員とDIC | 社会とのコミュニケーション | ステークホルダーダイアログ | 紛争鉱物に対する基本的な考え方

ステークホルダーとの関わり

安全・環境・健康

「安全・環境・健康」の取り組みに統一規約(コード)を設けて、法規制以上の活動レベルを念頭に取り組み、成果を公表しています。

mark レスポンシブル・ケアの推進 | 労働安全衛生・保安防災 | 環境保全への取り組み | 製品の化学物質管理 | 世界各地におけるレスポンシブル・ケア活動 | 環境会計 | 生物多様性保全への取り組み

安全・環境・健康

品質

DICグループは常に信頼される製品を提供して顧客と社会の繁栄に貢献することを目指し、品質の向上と顧客満足を追求しています。

mark 品質

品質

新技術と価値の創造

サステナブルな社会への貢献を目指し、光学・色彩、有機分子設計、高分子設計、分散等の基盤技術と、合成、配合、表面処理等の各種要素技術を駆使した高付加価値製品の開発に取り組んでいます。

mark 新技術と価値の創造

新技術と価値の創造

社会との共生・社会貢献

色彩の文化と快適な暮らしの向上に貢献するために、事業活動、文化・教育、地域・社会の3つの領域において社会貢献活動に取り組んでいきます。

mark DICグループの考える社会貢献活動ガイドライン | 事業活動における取り組み | 文化・教育における取り組み | 地域・社会における取り組み

社会との共生・社会貢献

ピックアップコンテンツ

地球温暖化防止への取り組み

地球温暖化防止への取り組み mark

地球温暖化防止に向けてCO2排出量の削減を推進しています。

DIC川村記念美術館

DIC川村記念美術館 mark

関連会社と共に収集した1000点を超える多彩な美術品を、広く一般の皆様に鑑賞していただいております。

スピルリナプロジェクト

スピルリナプロジェクト mark

スピルリナプロジェクトへの参画によって、アフリカの子どもたちの食育支援に貢献しています。

国連グローバル・コンパクト


国連グローバル・コンパクト
mark

グローバルな化学メーカとして、国連グローバル・コンパクトに署名しています。

ISO26000対照表/GRIガイドライン第4版対照表 mark

ISO26000対照表と、GRIガイドライン第4版対照表を掲載しています。

第三者検証 mark

温室効果ガス排出量および廃棄物発生量に関して第三者検証を受けています。

SDS(安全データシート)/AIS新しいウィンドウ

ご購入製品のSDSおよびAIS、PRTR対象化学物質納入量をご覧いただけます。

Dow Jones Sustainability Indices

Global | HOME > サステナビリティ