ビニルエステル樹脂

ビニルエステル樹脂は、エポキシ樹脂と(メタ)アクリル酸との付加反応により生成した重合体を主にスチレンモノマーなどで希釈溶解した合成樹脂です。ビニルエステル樹脂の硬化物は不飽和ポリエステル樹脂の優れた作業性とエポキシ樹脂の優れた硬化物強度とをあわせ持ち、多種多様な用途に使用されています。

ビニルエステル樹脂の一般的な特徴

  • 低粘度で優れた作業性
  • 速硬化性
  • 高強度
  • 基材密着性
  • 電気絶縁性
  • 優れた耐薬品性

DICのビニルエステル樹脂「EPICLON」(旧品名:DICLITE)

含浸・積層・FRP成形

低粘度でFRP基材への含浸性に優れ、貯蔵安定性の良い製品をラインナップしております。

塗り床材・ライニング・土木補修材

耐薬品、耐溶剤に優れた耐食用塗料に御使用いただけます。

成形

インキ、コーティング、接着剤などの配合用原料として使用されています。

この製品に関するお問い合わせ この製品に関するお問い合わせ
電話でのお問い合わせ

高機能化学品営業1グループ(電気・電子材料関連エポキシ・ビニルエステル)

03-6733-5932

高機能化学品営業2グループ(塗料・土木・接着・FRP関連エポキシ・ビニルエステル)

03-6733-6158

WEBでのお問い合わせ お問い合わせフォーム

ビニルエステル樹脂>

含浸・積層・FRP成形

塗り床材・ライニング・土木補修材

成形

HOME > 製品情報 > ビニルエステル樹脂