生物多様性保全への取り組み

DIC川村記念美術館に、「生物多様性サテライト」が設置されました

総合研究所とDIC川村記念美術館 DIC川村記念美術館 散策路
 
総合研究所とDIC川村記念美術館 生物多様性サテライト

DIC川村記念美術館と隣接するDIC総合研究所の敷地には、杉、くぬぎ、しいのきなどの自然林が数多く残されています。ここでは自然保護の方針に基づき動植物の採取を禁止し、豊かな自然をそのままに残しながら、訪れる皆様に散策路を開放し四季折々の風景を楽しんで頂いています。

この度DIC川村記念美術館では、千葉県生物多様性センターとの協働により、「生物多様性サテライト」(千葉県が製作した、生物多様性に関するパネル等を常設展示するコーナー)を、設置いたしました。散策路を下った広場の前にある第二休憩所に2枚のパネルを展示して、千葉県の希少種や生物多様性に関する活動を紹介し、生物多様性の普及に協力していきます。

千葉県では、当館と鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)の二館に、この「生物多様性サテライト」は設置されています。

里山の自然を守る環境配慮

総合研究所とDIC川村記念美術館 総合研究所とDIC川村記念美術館

DICグループは、生物多様性の保全を重要課題と認識しています。2011年1月には、DICグループの経営トップ層を対象とした「DIC経営塾」において外部講師を招いて、「生物多様性と企業活動の関わり」に関する講演を行いました。この講演にはDIC本社・工場・グループ会社などの幹部社員85名が参加し、講義の後で活発な質疑も行いました。

また、2011年には研究開発・原料調達から廃棄・リサイクルに至る事業活動の中で、生物多様性との関わりの現状を把握するための取り組みを、スタートしました。

4月には、千葉県生物多様性センターの専門家が千葉県佐倉市の「総合研究所」と「DIC川村記念美術館」(2011年4月館名変更)が立地する約30ヘクタール(約9万坪)の自然林・庭園を視察し、DICの管理に対する評価と今後の取り組みについて助言をいただきました。

総合研究所で使用する水は地下水を利用していますが、クローズドシステム方式による循環・再利用を行い、汚泥は処理事業者に委託し、排水を一切敷地外に出さない対策を行っています。また、里山の地形を活かした敷地内には、樹木200種・草花500種をはじめ多種多様な野鳥や昆虫が生息し、1990年に美術館開館以来、地域社会に親しまれる自然散策の場として年間約20万人が訪れています。

VOICE

芸術の美と自然の美が調和した空間を後世に

DICグループでは、豊かな生態系を残す庭園や森も、地域社会の貴重な資産と考えています。その美しさや豊かさに触れる喜びを多くの方々と共有し続けるには、きめ細かな管理が欠かせません。これらを後世にしっかりと受け渡していくことが、私たちに課せられた使命だと感じています。

DIC川村記念美術館 総務グループ グループリーダー 岩城 正明

DIC川村記念美術館
総務グループ
グループリーダー
岩城 正明

サステナビリティ>

Global | HOME > サステナビリティ > 安全・環境・健康 > 生物多様性保全への取り組み