2019年4月1日

DICとコベストロによる合弁会社ディーアイシーコベストロポリマーが新たなスタート

 DIC株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:猪野薫)とコベストロジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:米丸公康)は、両社の合弁会社であるディーアイシーコベストロポリマー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中西俊武、以下DCP)の出資比率を2019年4月1日付で変更しました。当社が保有していたDCP普通株式30%をコベストロジャパンに譲渡し、出資比率はDIC20%・コベストロジャパン80%となりました。

 当社は、コベストロ社のグローバルにおけるTPU事業全体の有機的成長に貢献する戦略に共感し、これまでの長期にわたる強力なパートナーシップを継続しつつ、原料供給などにおいても引き続きDCPを支援していきます。なお、DCPは今後も製造と技術開発を当社堺工場内にあるDCP 堺プラントで行います。  

■ディーアイシーコベストロポリマー株式会社(DCP)について

 DCPは、2000年6月発足以降当社の既存製品であったPANDEX®を主体に、コベストロジャパンの親会社であるコベストロ社のDesmopan®とTexin®を輸入販売し、熱可塑性ポリウレタン(TPU)のリーディングメーカーとして日本のTPU市場を牽引してきました。基本物性に優れ、環境に配慮したTPUは自動車・家電・通信機器・医療・ヘルスケア・スポーツ用品等の幅広い領域で使われています。 

以上

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-6733-3033

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

HOME > ニュースリリース > 2019年 > DICとコベストロによる合弁会社ディーアイシーコベストロポリマーが新たなスタート