2016年9月30日

DIC スタンディングパウチ向けに使用可能な、高いシール性を有する低吸着シーラントフィルムの新製品「DIFAREN MPフィルム M3470MP」を開発

 DIC株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:中西義之)は、包装用共押出多層フィルム「DIFAREN(ディファレン)シリーズ」の多彩な機能を持つ低吸着シーラントフィルム「MP(マルチパフォーマンス)フィルム」において、高いシール性が求められるスタンディングパウチにも使用可能な新製品「DIFAREN MP フィルム M3470MP」を開発しました。 

 医薬品や化粧品には、揮発性有効成分の包装材への吸着による効果の低下を防ぐために、低吸着性の材料を使用したフィルムが使用されています。現在、低吸着フィルム材料で主流となっているポリアクリロニトリル(PAN)は、シール強度不足などの課題があることから代替品へのニーズが高まっています。代替材料として特殊ポリエステルやエチレン-ビニルアルコール共重合体(EVOH)のフィルムが使用されていますが、強度不足による包装形態の限定や包装機械適性などの課題が指摘されており、ユーザーからは更なる製品開発が求められている状況にあります。 

 このたび当社が開発した新製品は、長年培ってきた配合技術、積層化技術を駆使し、低吸着性を保持し、高いシール性を実現した無延伸多層フィルムです。特にシール強度に関しては、従来品(M3550MP)の約2倍にまで高めました。これにより、重量のある化粧品の詰め替え包装容器などで使用するスタンディングパウチなどへの用途展開も可能となります。 

 当社は、今年度よりスタートした中期経営計画「DIC108」において、インキ、接着剤を含めたパッケージ関連材料事業を成長牽引事業と位置付けています。2018年に売上高3,200億円を目指しています。当社は、独自技術による差別化製品を鋭意開発し、低吸着シーラントフィルム市場において、2020年までに現在のシェアを約5倍とすることを目指します。 

 同開発品は、10月4日(火)から始まる「2016東京国際包装展(TOKYO PACK2016)」に出展します。是非、当社ブースにお立ち寄りください。

以上

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部     TEL 03-6733-3033
お客様からのお問い合わせ  
東京フィルム営業部              TEL 03-6733-6213
大阪フィルム営業部            TEL 06-6252-9550

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

Global | HOME > ニュースリリース > 2016年 > DIC スタンディングパウチ向けに使用可能な、高いシール性を有する低吸着シーラントフィルムの新製品「DIFAREN MPフィルム M3470MP」を開発