2016年9月15日

DICグループ フォトマスク等を製造販売する株式会社トピックが新工場を建設

描画技術の向上と生産能力増強で、伸長するエレクトロニクス市場に応える

 DIC株式会社(社長執行役員:中西義之)の100%子会社でありフォトマスクなどの製造販売を行う株式会社トピック(本社:埼玉県川口市、代表取締役社長:鳥海渉)は、需要の拡大に対応するため、工場の新設と顧客の要求レベルに応える最先端描画装置の導入を決定しました。装置を含めた投資金額約9億円となる新工場は、本社工場近隣で建設を進めており、2016年10月の稼動開始を予定しています。 

 フォトマスクは、回路基板に露光工程で回路パターンを転写する際などに使用するガラスなど透明な素材でできたパターン原版です。家電やIT機器の高機能化にともない、基板も小型化や高集積化が進んでいることから、描線の微細化や精度の向上が求められています。
 フォトマスク市場は、スマートフォンやIoT、テレマティクスなどでの需要拡大や高機能化にともない、グローバルベースで2020年までに年率2-3%の成長が見込まれています。 

 このたびの投資では、製品の安定生産・品質向上のため、高機能なクリーンルームを設置するとともに、顧客が求める微細化と高精度を実現する最新鋭の描画装置を導入します。当社においても、プリンテッドエレクトロニクス分野など最先端領域の研究開発を加速するため、新技術棟の建設を総合研究所(千葉県佐倉市)で進めています。グループ一体となり研究開発を進め、新製品開発・事業化を加速していきます。
 同社は、このたびの投資により、高品質なフォトマスクの安定的な供給を実現し、今年から始まった中期経営計画DIC108の達成に貢献していく所存です。

  以上

  関連ニュースリリース: 総合研究所に技術棟の新設を決定(2015年12月25日)
            http://www.dic-global.com/ja/release/2015/20151225_01.html

 

新工場の完成予想図

新工場の完成予想図

  ※テレコミュニケーション(Telecommunication、電話・テレビなどを用いた遠距離電気通信)とインフォマティクス(Informatics、情報科学)から作られた造語で、携帯電話などの移動体通信システムを利用してサービスを提供することの総称。一般的には、自動車、輸送車両などへのサービス提供に対して使用される。   

このリリースに関する
お問い合わせ

お問い合わせ先
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-6733-3033

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

Global | HOME > ニュースリリース > 2016年 > DICグループ フォトマスク等を製造販売する株式会社トピックが新工場を建設