2014年10月2日

印刷基材ごとの色彩データを提供するクラウドサービス「DIC COLORCLOUD」を開発

パッケージの企画から製造までのスピードアップとコストダウンに貢献

  DIC株式会社(本社:東京都千代田区、社長執行役員:中西義之)は、印刷で再現可能な全ての色彩データ(特殊インキを除く※1)を提供するクラウドサービス「DIC COLORCLOUD」(ディーアイシー カラークラウド)を開発しています。

  当社グループが1968年に発行した色見本帳であるDICカラーガイド(再現色数:2,230色)は、グラフィック、ファッション、インテリアなど幅広い分野で利用されており、国内では色見本のスタンダードになっています。2010年にはiPhoneやiPadの専用アプリ「DICデジタルカラーガイド」(再現色数:約3万色)をリリースし、その後、Android版、Mac版の開発を進め、デザイナーのみならず一般の方々にもご愛用いただき、現在では全世界で50万ダウンロードを超える、人気アプリとなっています。

  現在、製品パッケージの製作場面では、デジタル版を含めた色見本帳(カラーガイド)を活用して作業が進められています。既存のDICカラーガイドは、色数が限られることに加え、印刷基材の違いによる色の違いを表現できないため、製品企画、デザイン、製版、印刷の各工程で色彩データの共有が困難な状況にあります。そのため各工程では、色調整の試行錯誤が繰り返されることになり、効率的に作業を進めるための妨げとなっています。
 
  現在開発中の「DIC COLORCLOUD」は、従来のDICデジタルカラーガイドを大きく発展させ、DICカラーベースで再現可能な全ての色彩データを、企画から印刷に至る各工程でクラウドにより参照・共有できるシステムです。同システムを利用することで、次のようなメリットが期待できます。

1. 再現可能な色をデジタルデータとして処理することができるため、クライアントは企画の段階で、希望するあらゆる色から再現可能な色に変換し、世界同時に発信し指示することができます。
2. 印刷基材ごとに再現可能な色を表示できるため、デザイナーは事前に製品パッケージの色を各工程に提示することができます。
3. 欧米でトップシェアを誇る製版・印刷向けソフトウェアメーカーであるGMG GmbH & Co. KGのソフトウェアに当社インキの印刷色データを連係させることにより、
    1)DICカラーガイド認定(※2)を取得したセイコーエプソン株式会社と認定取得予定のキヤノン株式会社の広色域インクジェットプリンタを使用して、今まで不可能だった特色(※3)でのデジタル色校正
    2)クラボウ(KURABO)社のCCMシステム(※4)と連動したインキの配合データによる迅速な印刷の立ち上げ
が可能となります。
 
  同システムの利用により各工程で色彩データが共有できるようになり、パッケージの企画から製品化に至る各工程の試行錯誤が大幅に削減され、スピードアップとコストダウンにつながることが期待できます。また、クラウド上でグローバルに色彩データを共有することが可能となるため、地域を選ばすにパッケージの色管理を円滑に実施する事ができます。
 
  「DIC COLORCLOUD」は2015年サービス提供開始を目指し現在開発中です。当システムは10月7日から10日まで東京ビッグサイトで開催される2014東京国際包装展(東京パック2014)において、DICブース(東1-68)でデジタル校正と実機印刷の色を一致させるソリューションを紹介します。是非、お立ち寄りください。

(※1)パール、メタリック、蛍光等の特殊インキ
(※2)当社が「DICカラーガイド」の収録色を高い精度で再現できるカラーデバイスに対して与えたライセンス
(※3)プロセスカラー4色「CMYK」で表現できない色で、特別に調色した色
(※4)Computer Color Matching system :従来人間が行ってきた目視評価と経験による調合比率判断(調色作業)を、測色機とコンピュータで数値的に処理するシステム

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-6733-3033
お客様からのお問い合わせ(Eメールアドレス)     
dic-digitalcolorcloud@ma.dic.co.jp

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

Global | HOME > ニュースリリース > 2014年 > 印刷基材ごとの色彩データを提供するクラウドサービス「DIC COLORCLOUD」を開発