2014年2月18日

エポキシ樹脂および硬化剤の価格改定について

 DIC株式会社(本社:東京都千代田区、社長執行役員:中西義之)は、2月25日納入分より、エポキシ樹脂および硬化剤の値上げを実施することを決定しました。

 2014年1月から3月のナフサ価格が7万2千円を上回る状況となり、同樹脂の主要原材料であるビスフェノールAやエピクロルヒドリン等は軒並み急激に値上りしています。加えて各種溶剤などの副原材料も値上りしていることから、事業の採算は悪化しています。

 このような状況の下、当社はコストアップ分の吸収に積極的に取り組んできましたが、現状の急激な原材料価格の高騰は自助努力による吸収の限界を超えており、製品の安定供給を維持するためにも価格是正が避けられないと判断し、今回の値上げを決定しました。
 なお、対象製品および値上げ幅は下記のとおりです。

 

                                        記

価格改定幅:

・ビスフェノールA型液状・固形エポキシ樹脂  38円/kg

・臭素系エポキシ樹脂  30円/kg

・その他エポキシ樹脂、フェノール系硬化剤など  35~40円/kg

 

実施時期:2014年2月25日納入分より

 

 

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-6733-3033
お客様からのお問い合わせ
アドバンストポリマエポキシ営業部 TEL 03-6733-5932

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

Global | HOME > ニュースリリース > 2014年 > エポキシ樹脂および硬化剤の価格改定について