2016年3月30日

DICグループ DICグラフィックス社が、印刷の工程全般を効率化するための新しい色指定の仕組みを提供するサービス「DIC COLORCLOUD」をリリース

 DIC株式会社(社長執行役員:中西義之)の子会社であるDICグラフィックス株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:谷上浩司)は、Mac版アプリ「DICデジタルカラーガイド」を利用した、印刷工程全般の効率化を実現する新しい色指定の仕組みを提供する「DIC COLORCLOUD」を2016年3月にサービスを開始しました。


図
【パッケージの企画から製造までの流れ~従来とDICCOLORCLOUD利用時の比較~】

20160330c

試行錯誤の作業を大幅に削減できます!


【DIC COLORCLOUDの概要】
1、表現したい色が印刷で使用する基材ごとに再現可能かどうか確認できるため、デザイナーは事前に商品パッケージの色イメージを知ることができます。
2、印刷物で表現可能な色をデジタル情報として、デザイナー間、後工程の関係者と共有することができます。
3、共有された色のデジタル情報は、パッケージ印刷用デジタル校正システム(※1)、CCMシステム(※2)との連携が可能です。今まで実施が困難であった特色印刷のデジタル校正が可能であると共に、特色インキを作成するための配合情報をCCMシステムから迅速に導き出せます。

 印刷インキのグローバルリーダーである当社グループは、デジタル校正と実機印刷の色を一致させるソリューションを提供することで、DICブランドをより強固なものにしてまいります。


※1)パッケージ印刷用デジタル校正システム…実機印刷物に近似した出力物を広色域IJプリンターなどで出力するシステム
※2)Computer Color Matching system…従来、人間が行ってきた目視評価と経験による調合比率判断(調色作業)を、測色機とコンピュータで数値的に処理するシステム




お客様からのお問い合わせ 
DICグラフィックス株式会社   
DIC COLORCLOUD専用アドレス dic-digitalcolorcloud@ma.dic.co.jp

 

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-6733-3033
お客様からのお問い合わせ 
DICグラフィックス株式会社 DIC COLORCLOUD専用アドレスまで

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

Global | HOME > ニュースリリース > 2016年 > DICグループ DICグラフィックス社が、印刷の工程全般を効率化するための新しい色指定の仕組みを提供するサービス「DIC COLORCLOUD」をリリース