2013年6月4日

欧州法規制対応型食品包装用ラミネート接着剤の販売を開始

レトルト食品包装など高機能用途を中心に欧州市場での拡販図る

 DIC株式会社(本社:東京都千代田区、社長執行役員:中西義之)は、欧州市場向けに、食品包装規制の強化に対応した食品包装材用ラミネート接着剤を開発し、販売を開始しました。当社では、これまで日本を中心に、食の安全を重要視した食品包装材向けラミネート接着剤事業を展開してきましたが、昨今、欧州における食品包装材規制の強化に対応すべく、日本におけるラミネート接着剤事業の展開により築き上げた技術ノウハウをもって、欧州市場にも参入し、同事業のさらなるグローバル化を推進していく方針です。

 欧州(EU加盟国)では、2011年5月より、食品包装材に使用されるコーティング剤、ラミネート接着剤、印刷インキについても、それらの成分が食品に溶出する量について規制値が厳格化されるなど、食の安全に対する規制が強化されました。大手食品メーカーにおいては、規制値以上の値で自主規制を実施する流れとなってきており、今後、食品包装材に対する要求レベルが全世界でますます高まる可能性があります。
 このたび新たに開発した欧州法規制対応型ラミネート接着剤は、優れた接着性能を有しながらも、食品への溶出量が規制値を下回るラミネート接着剤です。具体的には摂氏40度の環境下で10日間経過しても、食品疑似溶液への溶出量は、従来型接着剤の10分の1程度の0.01mg /kg-food未満と、規制値をクリアする値を示します。
 欧州法規制に対応した製品は、市場からニーズがありながらも、開発する際に不可欠となる溶出量試験法や溶出成分量の低減手法を確立するにあたって技術的なハードルは高く、業界内でも開発は進展していない状況でした。当社はこのたび、独自のノウハウにより、これまで全工程でおよそ3ヶ月を要していた製品における溶出試験を2週間に大幅短縮する手法を確立すると同時に、強みとする配合技術を駆使し、欧州規制値の0.01mg /kg-foodを下回るレベルまで溶出量を低減する手法を確立し、同新製品の開発に至りました。
 また、欧州では現在、環境保全やエネルギー削減などの観点から、これまで多用されていた缶包装がプラスチック包装へと置き換わっています。特にレトルト食品用途においてその動きが盛んで、レトルト食品用プラスチック包装材の需要が増加していますが、同新製品は、摂氏100度を超える高温加熱処理においても接着剤成分の溶出リスクをさらに低下させることが可能です。

 当社は今後、100%子会社であるサンケミカル社が保有する欧州の販売チャネルを活用することで、同新製品を、レトルト食品をはじめ、化粧品、トイレタリー製品など高機能包装材用途を中心に拡販する予定で、ラミネート接着剤事業全体で約80億円の売上高(2012年実績)を、2020年には360億円に増大させる目標です。 

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-6733-3033

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

Global | HOME > ニュースリリース > 2013年 > 欧州法規制対応型食品包装用ラミネート接着剤の販売を開始