• Global Site
  • DICについて
  • 事業展開
  • IR情報
  • サステナビリティ
  • 研究開発

WORLDWIDE

2012年5月8日

グラビアインキ製品及び接着剤の価格改定について

 当社の子会社、DICグラフィックス株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:蓮見俊夫)は、グラビアインキ製品及び接着剤について、6月1日出荷分より値上げを行うことを決定しました。

 グラビアインキ製品及び接着剤の主原料である樹脂、顔料、溶剤の価格は、原油・ナフサ価格の上昇と世界的な需要・供給における構造変化を背景に上昇を続けています。特に白インキの原料である酸化チタンは、アジア太平洋地域での旺盛な需要拡大が長期にわたって継続しているうえ、原料となる鉱石の供給が不足していることから、世界的に需給が逼迫しており、価格は上昇を続けています。

 同社ではこれまで、コストアップ分を吸収すべく様々な合理化努力を重ねてきましたが、これら原材料の価格水準は企業努力の範囲を大きく超えており、今後の製品の安定供給及び品質維持を図るためには価格改定が避けられないと判断し、このたびの値上げを決定したものです。
 なお、主な製品の価格改定幅は以下のとおりです。

                                    記


対象製品 : グラビアインキ製品、接着剤


値上幅  : 

白インキ                50円/kg
色インキ                30円/kg
メジウム、OPニス     30円/kg
接着剤                  30円/kg
硬化剤                  40円/kg
混合溶剤               30円/kg


実施期日 : 2012年6月1日出荷分より

 

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-5203-7838
お客様からのお問い合わせ
DICグラフィックス株式会社    TEL 03-3278-1245

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

日本 | HOME > ニュースリリース(日本) > 2012年 > グラビアインキ製品及び接着剤の価格改定について