• Global Site
  • DICについて
  • 事業展開
  • IR情報
  • サステナビリティ
  • 研究開発

WORLDWIDE

2012年4月25日

岩手県および宮城県の保育園・幼稚園等を対象に色育活動を実施

被災地支援・色育プロジェクト「~みんなのハートで桜を満開に~」をスタート

 DIC株式会社(東京都中央区、社長執行役員:中西義之)では、東日本大震災において被災した子どもたちに、心が安らぐ「春の彩り」を届けたいという強い思いから、3月より、被災地支援・色育プロジェクト「~みんなのハートで桜を満開に~」をスタートしました。

 このプロジェクトは、桜の花びらに見立てたハート型のシール約150枚と、桜の木の幹を描いた台紙(縦1m×横1.8m)をセットにして、岩手県と宮城県の保育園および幼稚園など34園に進呈するものです。桜の花びらに見立てたハート型のシールは、国内シェア約90%を有する当社の色見本帳「DICカラーガイド ―日本の伝統色」から厳選した12色の繊細な色合いとなっており、それぞれの色の由来を分かりやすく解説したシートも併せて進呈しました。この花びらを園児たちの手で桜の木の幹に貼ってもらうことで、満開の桜となります。

 当社社員の参加のもとワークショップが行われた園では、園児たちに、12色の中から思い思いの色合いの花びらを選んでもらい、メッセージや絵を描いて桜の木の幹に貼ってもらいました。園児たちが楽しく作り上げた彩り豊かな満開の桜の木を前にして、園の職員からは「同じピンクでも、こんなにたくさんの種類があることを初めて知った」「子どもたちが、たくさんの色に触れる機会をもっと作りたい」などの感想がありました。

 当社では昨年来、保育士を対象としたカラーセミナーや、「DICカラーガイド」を用いた幼児向けの色育ワークショップなど、子どもたちに豊かな色彩を伝える「色育活動」を展開しています。今回のプロジェクトでは、このような実績をもとに、被災した子どもたちを対象として、当社の色彩に関する知見を活かした色育活動の実施を決定した次第です。今後も、同プロジェクトを継続および発展させ、小学校などにも活動を展開していく予定です。

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-5203-7838

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

日本 | HOME > ニュースリリース(日本) > 2012年 > 岩手県および宮城県の保育園・幼稚園等を対象に色育活動を実施