• Global Site
  • DICについて
  • 事業展開
  • IR情報
  • サステナビリティ
  • 研究開発

WORLDWIDE

2012年2月13日

DIC鹿島工場に環境対応とコスト削減を大きく推進する超高効率排水処理装置を導入

CO2の発生を年間720トン低減、初期設備投資と運転コスト45%以上低減へ

 DIC株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:杉江和男)は、このたび鹿島工場における排水処理設備の増強を目的に、同工場内に嫌気性(けんきせい)排水処理装置(住友重機械エンバイロメント株式会社製の「バイオインパクト(BIOIMPACT®)」)を一基導入しました。化学系排水の処理用途では嫌気性排水処理装置の導入事例はまだ少ないものの、嫌気性による特性を活かして、同工場の排水処理能力向上や省エネルギー化を進めています。

 化学系排水の処理については、酸素を必要とする活性汚泥(注1)を用いて、排水中の有機物を炭酸ガスと水に分解する好気性(こうきせい)処理法(活性汚泥法)が一般的ですが、このたび導入した「バイオインパクト」では、新たに実用化された嫌気性処理法(グラニュール法)が採用されています。嫌気性処理法(グラニュール法)は、グラニュールと呼ばれる嫌気性(酸素を必要としない)の菌を高濃度に充填したタンク内で、排水中の有機物を短時間でメタンガスと二酸化炭素に高速分解する処理方法です。同装置は以下の特長を備えており、発生するメタンガスの工場稼働への再利用も含めて高効率、省スペース、省エネルギーなどを実現する画期的な排水処理設備として注目されています。

【超高効率嫌気性排水処理装置の特長(好気性排水処理装置との比較)】
①  好気性排水処理における消費エネルギーの大部分を占める曝気(注2)エネルギーが不要
⇒電力消費およびCO2発生を削減
②  余剰汚泥(注3)発生量が10分の1程度
⇒汚泥処理費および産業廃棄物を低減
③  発生したメタンガスは、ボイラーの燃料として利用可能
⇒ボイラーの燃料費およびCO2発生の低減
④  単位容積当たりの排水処理能力が高い
⇒装置のコンパクト化が可能で大幅な省スペース化を実現

 同工場では嫌気性排水処理装置の導入により、余剰汚泥設備の設置が不要であること、装置・設備のサイズがコンパクトになることから、初期設備投資金額を45%削減しました。また、運転コストについても、発生する余剰汚泥の低減と発生するメタンガスの燃料化(注4)および排熱回収(注5)により、48%の削減が可能になりました。(いずれも同程度の好気性排水処理装置を導入した場合との比較)また、メタンガスの燃料化により発生したスチームのうち、年間2,500トン(注6)を工場稼働のために有効活用していく計画で、CO2の発生を年間720トン削減する見込みです。当社では今後、コストパフォーマンスや省エネルギーに優れた同排水処理設備の有効活用を鋭意進めていく所存です。

【注】
(注1)人工的に培養・育成された好気性微生物群を主成分とする汚泥の総称
(注2)好気性排水処理法においては、空気と排水を接触させて排水中に酸素を供給すること(曝気)が必要。排水中にブロアーで空気を送ったり排水の表面を撹拌したりして曝気を行うが、ブロアーの運転でエネルギーが消費される。
(注3)好気性排水処理において発生する排水処理に不要な微生物や泥などの塊。産業廃棄物のうち多くの割合を占める。余剰汚泥の多くは脱水、焼却、埋め立て等によって処分されるが、余剰汚泥処理費用は高騰する傾向にある。
(注4)同工場ではメタンガスを燃料化することにより、スチームを約11トン/日製造している。
(注5)嫌気性排水処理においては、排水処理温度を約32~35℃に維持する必要があるが、その熱源として1日当たり約9トンのスチームを消費する。同工場では、そのうち、スチーム換算で約6トン/日を回収している。
(注6)メタンガス燃料化によるスチームの生産 11トン/日
    熱回収(スチーム換算)              6トン/日
    嫌気性排水処理によるスチーム消費   -9トン/日 
                              残り8トン/日
  8トン×315日(工場稼働日数の概算値)≒2,500トン/年

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-5203-7838

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

日本 | HOME > ニュースリリース(日本) > 2012年 > DIC鹿島工場に環境対応とコスト削減を大きく推進する超高効率排水処理装置を導入