• Global Site
  • DICについて
  • 事業展開
  • IR情報
  • サステナビリティ
  • 研究開発

WORLDWIDE

2011年7月6日

カラーのスペシャリストDIC、保育士向けの「色育」セミナーが大好評

エリア開発営業部が東海エリアで彩り豊かな空間作りを幅広く提案

 DIC株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:杉江和男)では、2010年4月1日にエリア開発営業部を設置し、地方経済圏において色彩に対する幅広い知見や合成樹脂などの化学品設計力を活かした当社の製品ラインアップを紹介することで、潜在需要の掘り起こしや地方における営業活動の強化を図ってきました。

 このような活動の一環として、当社名古屋支店の同エリア開発営業部では、6月18日に、愛知県豊橋市の民間保育園38園の保育士140人を対象としたカラーセミナーを開催し大きな関心を集めました。

 色彩感覚の確立には、乳幼児期の早い段階における色彩体験の影響が大きいといわれており、乳幼児期に多くの色彩に触れることは、色彩感覚や情緒の発達においてきわめて重要であるとされます。このたび、名古屋支店のエリア開発営業部の社員(カラーアナリスト)が講師となり、保育士に対して、色彩感覚や豊かな情緒を育む「色育」をテーマに、保育士の表情を生き生きと見せるエプロンの色、給食をおいしく見せる色、よく眠れる部屋の色など、保育士の身の回りや保育施設への色彩提案を行い、色彩が子どもの情緒に及ぼす影響や効果などを踏まえて、いかに楽しく多彩な色を保育過程に取り入れていくかを説明しました。

 参加した保育士からは、「何気なく付けているエプロンの色も園児の情緒に影響を及ぼしていることを知った」「普段の描画活動において、「顔は肌色」「髪は黒色」と指導していたが、子どもたちの自由な発想から生まれた色で絵を描かせることの大切さを知った」などの感想があり、大いに好評を博しました。

 当社名古屋支店のエリア開発営業部では、愛知県を中心とする東海エリアを中心に、官公庁や企業を対象としたカラーセミナーの開催や、公共施設等への色彩提案、カラーユニバーサルデザイン(CUD)への対応など、多彩な空間作りを行う活動を展開してきましたが、名古屋鉄道(株)の路線図の刷新やCUD対応の時刻表の制作といった実績を既に有しています。

 同部では今後も保育士向けのカラーセミナーを継続していき、将来的には保育園やこども園の施設における色彩提案を通して彩り豊かな空間作りを支援していく予定です。

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-5203-7838

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

日本 | HOME > ニュースリリース(日本) > 2011年 > カラーのスペシャリストDIC、保育士向けの「色育」セミナーが大好評