• Global Site
  • DICについて
  • 事業展開
  • IR情報
  • サステナビリティ
  • 研究開発

WORLDWIDE

2011年6月30日

DICカラーランツ株式の85.1%をヘキサケミカルに譲渡

‐合成樹脂着色剤およびコンパウンド事業における選択と集中を推進‐

 DIC株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:杉江和男)は、このたび5月27日をもって、DICカラーランツ株式会社の株式のうち85.1%を株式会社ヘキサケミカルに譲渡しました。これにより当社のDICカラーランツに対する持ち株比率は100%から14.9%になりました。

 当社は、昨年4月より、中期経営計画「DIC102」をスタートさせ、コア技術を活用した製品による付加価値増大や、顧客へのソリューション提供などによる収益拡大と、健全な財務体質への変換に取り組んでいます。

 DICカラーランツは、2002年5月の設立以来、合成樹脂着色剤および合成樹脂コンパウンドの製造・販売に取り組み、市場から評価されてきました。しかしながら、同社の執り行う事業については、当社コア技術の活用余地が比較的少ないと考えられ、中長期的に見ても、当社グループの強みを発揮していくことが困難であると判断されます。一方、ヘキサケミカルは、プラスチック着色剤事業をコア事業として展開しており、今回の株式譲渡でDICカラーランツの経営を掌握することにより、同社が取り組んできた事業を将来にわたって発展させ、当社グループでは成しえなかった事業の運営が期待できるものと判断しました。

 当社グループは、国内の合成樹脂着色剤およびコンパウンド事業について、DICカラーランツのほか、小牧・館林の2工場で生産を行ってきましたが、今後、当社の強みを活かせるタイプやグレード品の生産をこれら2工場に集中して事業を運営するとともに、それら以外の製品については引き続きDICカラーランツに対して生産委託を実施し、協力体制を継続します。また、東南アジアにおいては、当社とヘキサケミカルの互いの子会社を通じた製品受委託を検討していきます。

 なお、5月27日をもってDICカラーランツはヘキサケミカルの子会社となりましたが、DICカラーランツの社名は向こう一年間継続する予定です。また、当案件が当社の連結業績に与える影響は軽微です。 

 

【DICカラーランツ概要】                      【ヘキサケミカル概要】

所在地 :埼玉県川越市芳野台1-103-6  所在地:大阪府東大阪市横枕西10番30号
事業内容:合成樹脂着色剤および       事業内容:プラスチック着色剤の製造販売
コンパウンドの製造販売             資本金:1億7,157万円
資本金:9,000万円                           従業員数:164名
従業員数:61名                              (ヘキサケミカルグループの売上高は325億、従業員数は840人)

 

 

 

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-5203-7838

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

日本 | HOME > ニュースリリース(日本) > 2011年 > DICカラーランツ株式の85.1%をヘキサケミカルに譲渡