• Global Site
  • DICについて
  • 事業展開
  • IR情報
  • サステナビリティ
  • 研究開発

WORLDWIDE

2011年6月9日

共押出多層フィルムの価格改定について

 DIC株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:杉江和男)は、共押出多層フィルム(商品名:DIFAREN)全銘柄について、6月21日出荷分より下記のとおり価格改定を行うことを決定いたしました。

 中東や北アフリカ情勢が長期的に不安定なまま推移する中、新興諸国の旺盛な需要を背景に、原油・ナフサ価格は高騰しており、共押出多層フィルムの主要原料であるポリプロピレン、ポリエチレンも再度値上がりしています。また、燃料価格の高騰により、ユーティリティコストも上昇しています。

 これらの要因によるコストアップを当社の自助努力のみで吸収することは既に困難な状況となっており、今後の生産・供給体制を維持するためにも、価格改定を実施せざるを得ないと判断しました。

                                     記

 

対象製品:共押出多層フィルム(商品名:DIFAREN)全銘柄


値上げ幅:1連(500㎡)当たり300円以上(20μm厚換算)


(全銘柄について6月21日出荷分より実施いたします。)

 

 

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-5203-7838
お客様からのお問い合わせ
フィルム製品本部 TEL 03-3278-0555

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

日本 | HOME > ニュースリリース(日本) > 2011年 > 共押出多層フィルムの価格改定について