• Global Site
  • DICについて
  • 事業展開
  • IR情報
  • サステナビリティ
  • 研究開発

WORLDWIDE

2010年9月27日

国内初、UN(国連)規格対応プラスチック製危険物輸送容器(1H2型)の生産・販売開始へ

危険物輸送容器の評価試験の請負も開始、評価期間も大幅に短縮

DIC100%出資子会社であるDICプラスチック株式会社( http://www.dic-plas.co.jp )は、危険物の輸送用途にUN(国連)規格対応のプラスチック製フルオープン型輸送容器(形式1H2型)を国内で初めて生産し、販売開始に向けた体制が整いました。

UN規格対応輸送容器とは、国連の「危険物輸送に関する勧告」で示された基準をクリアし、安全性が確認された容器のことで、内容物の種類ごとに収納可能な容器が定められています。現在UN規格対応のプラスチック製輸送容器(形式1H2型)は、日本では北米および中国、台湾などからの輸入品に依存しており、供給の安定性に不安があります。このような状況を踏まえ、DICプラスチックでは、危険物の輸送における安全性の確保を支援すべく、形式1H2型を初めて国産化し、販売を開始しました。また、輸送における安全性確保の観点はもとより、金属缶での輸送の際に、錆びなどの混入や金属成分との接触によって性質が変化し得る化成品については、プラスチック製容器への置き換えのニーズも高まっており、鋭意拡販に取り組む所存です。

さらに、各種の試験機器および設備などを充実させた結果、危険物の種類ごとに、UN規制に準拠した危険物輸送容器認証のための評価試験を、DICプラスチックで請け負うことが可能となりました。通常7ヶ月を要する評価試験が、約2ヶ月という短期間で実施できる(促進評価)ことから、ユーザーの認証取得を大いにサポートすることができます。

DICプラスチックでは、危険物輸送におけるソリューションの提供として、同製品および認証評価試験の請け負いを展開し、3年後に3億円の売上を目指します。

なお、同製品は、10月5日~8日まで東京ビッグサイトで開催される2010東京国際包装展(東京パック2010)のDICグループのブースにて展示・紹介します。同製品を確認いただける絶好の機会となっています。

このリリースに関する
お問い合わせ

本件に関する報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-5203-7838
本件に関するお客様からのお問い合わせ
DICプラスチック株式会社 TEL 03-5256-6496

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト 新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

日本 | HOME > ニュースリリース(日本) > 2010年 > 国内初、UN(国連)規格対応プラスチック製危険物輸送容器(1H2型)の生産・販売開始へ