総務人事部長からのメッセージ

次の100年に向けて、多様な人財を求めています

DIC株式会社は、2008年に創業100周年を迎えた歴史ある化学会社です。 その創業は、印刷インキを製造販売する個人商店からスタートし、その後、印刷インキの原料である有機顔料や合成樹脂へ業容を拡大し、現在では液晶材料やエンジニアリングプラスチックなど幅広い分野に多彩な製品を提供しています。 その企業活動は常にグローバルであり、現在では世界60カ国以上に約200社のネットワークを持ち、印刷インキや有機顔料などで世界のトップシェアを有する世界有数のファインケミカルメーカーに発展してきました。

また、私たちは、グループの経営の基本的な考え方「The DIC WAY」にある経営ビジョン「Color & Comfort by Chemistry ~化学で彩りと快適を提供する~」を常に意識して業務に取り組んでいます。 この「The DIC WAY」の中核に据えている「The DIC SPRIT」が、当社の長い歴史の中で培われた「進取」「誠実」「勤勉」「協働」「共生」の精神です。 仕事は上司からの指示だけではなく、仕事を任された社員各自がとことん考え抜き、自由闊達に議論し、実際のアクションに結びつける。 これこそが当社に脈々と流れるDNAに他なりません。 また、当社は、ファインケミカルという多品種の製品を扱う製造業であることから、社内に実に多彩な職場を擁しています。 多彩な職場に対して、多彩な人材を登用しながら人財として一人ひとりを育てることにより、社員一人ひとりが、各自の個性を十二分に活かして、競争ではなく協働の精神で仕事に取り組む社風を生み出しています。

就職活動は、人生の岐路として大事な選択の場面であり、会社選びに迷いもあるかと思いますが、 (1)企業研究のステップでは、多くの先輩や会社の話を聞きながら、①会社を選ぶ基準を決めること、②自分が選ぼうとしている様々な基準ごとの会社の評価の情報を得ること、の二つの作業を同時進行で行うと良いと思います。 そして、(2)最後の会社決定のプロセスでは、①の会社を選ぶ基準を決めることにより、②により取得した情報により、会社が自動的に決定するという考え方こそが、悔いのない会社選びには必要だと考えます。

また、就職先として、学生の皆さんから見て、「良い会社・悪い会社」という考え方はありません。 また、同様に、会社から見て、「良い学生・悪い学生」という考え方もありません。学生の皆さんがやるべきことは、自分の個性を活かせる、自分の個性に合う会社かどうかを見極めることであり、会社は、会社で個性を活かしてくれる学生かどうかを見極めることが重要だと考えています。

私たちDIC株式会社は、次の100年に向けて、自分の個性に自信を持った様々な個性をもつ学生の皆さんに来ていただきたいと思います。 皆さんの個性を発揮できる会社かどうか、皆さんの思うところを飾り立てることなく、ありのままを私たちに聞かせてください。 また、私たちの会社を皆さんそれぞれの会社選びの基準に照らして見て下さい。 その結果、DIC株式会社が皆さんの選択肢の中に入るならば大変光栄に思います。

最後になりますが、皆さんの就職活動の成功をお祈りいたします。

DIC株式会社
総務人事部長 花田正史