社員インタビュー

他にはない製品をつくりたい!新市場に向けた材料開発に挑戦中です

幅広い製品を持つDICで、新たな材料開発に携わりたい

大学院では、有機色素を用いてトランジスタなどの作製や物性評価を行っていました。 就職活動を進めるにつれ、既存の材料を扱うだけではなく、材料そのものを開発し製品化までつなげたいと思うようになり、 化学メーカーを希望。もともとDICはインキのイメージが強かったのですが、説明会でエレクトロニクス分野においても幅広い製品を持っていることを知り、「ここなら他にはない製品がつくれるのではないか」と思いました。

入社後は、DICの研究開発の拠点である総合研究所に所属し、新たなマーケットになりつつあるプリンテッドエレクトロニクス向けの材料開発を行っています。 印刷に使う材料であるため、印刷特性はもちろん、他の材料と組み合わせても変質しない性能などが求められます。 高い性能を発揮する新たな材料を生み出すために、設計から合成、物性評価を繰り返しています。

性能の追求だけではなく、実用化を見据えた開発を心掛ける

学生時代は物性評価を専門としていたため、入社当初は有機合成に関しては初心者で、指示がないと動けない状態でした。 通信教育で有機化学の基礎を改めて学ぶとともに、先輩の合成手順をお手本にしながら、わからないことや相談したいことがあれば周囲にアドバイスをいただくなど、積極的に行動することで合成の技術や知識を得ていきました。 そして合成から物性評価まで一連の流れを理解できたことによって、分子設計においても合成側の視点、物性評価側の視点の両方を取り込めるようになり、開発における幅の広がりを実感しています。

開発においては、決められた期間内に成果を出すための時間管理が大切です。 そのため、1日単位のみならず半月、半年のスパンで目標や計画を立てています。一方で「本質を見失わないこと」も心掛けています。 性能を高める目的で特殊なプロセスを踏んでしまうと汎用性が低くなるため、実用化を見据えた開発であることを常に念頭に置いて進めています。

新たな気付きを与えてくれる上司の存在はとても大きい

以前上司に、「椅子に座ってじっくり考えることも重要だよ」と言われたことが印象に残っています。 私の性格上、「目標を達成するためにどんどん実験したい」という気持ちが強く、目の前のことに集中しすぎる一面がありました。 しかし、いったん椅子に座ってこれまでの実験結果を冷静に眺めてみると、「この分子にはこういう特徴があるのではないか」など、俯瞰してより深くデータを見つめ直すことができたのです。 部下の様子や状況をよく観察した上で、気付きのきっかけを与えてくれた上司に感謝しています。

そして、DICの社員は真面目で芯の強い人が多く、DICには上司・部下の区別なく対等に話し合える社風や相談しやすい雰囲気があります。 技術職の社員の多くが講演会や学会、展示会に積極的に参加してさまざまな情報を多く得るようにしていますし、その情報は回覧や昼礼、社内のイントラネットなどで共有しています。 実際にそうして収集した情報が仕事に活かされることも多いのです。

また、プライベートでも仲が良く、冬は社内のスキー部の一員として雪山にいくことも。部活を通して他部署の社員とも交流が深まり、横のつながりが広がっています。

次世代に向けた開発を牽引できる中心人物になることを目指して

今後の目標は、開発中の材料を事業化させることです。 材料を用いた最終的なデバイスは、ディスプレイの他にもセンサなど福祉・医療分野への展開も考えられます。 さまざまなデバイスの根幹となる素材に関われていることもうれしいですし、私自身が次世代に向けた開発を牽引できる中心人物になれたらと思っています。

就職活動においては、自分の専門分野ややりたいことだけでなく、「自分に合う企業とは何か」も考えてみてください。 持っている力や意欲をどうやって発揮し、どのように貢献できるかをイメージすれば、自然と導き出せるはずです。 DICは、「やりたい」という気持ちを尊重してくれる会社です。熱中して一生懸命に仕事に取り組むことで、成功・失敗に関わらず得られるものは大きいと日々感じています。