• Global Site
  • DICについて
  • 事業展開
  • IR情報
  • サステナビリティ
  • 研究開発

WORLDWIDE

多分岐ポリスチレン 「ハイブランチ」

多分岐構造のイメージ図多分岐構造のイメージ図

「ハイブランチ」は、DICのポリスチレン合成技術と多分岐化技術の応用から誕生した、世界初のポリスチレンです。従来のポリスチレンと異なる分子構造により、成形性を損なうことなく高強度化を実現します。

「ハイブランチ」の特徴

成形性を損なうことなく高強度化を実現します

一般的に、ポリマーは分子量が増加すると流動性が低下します。しかし、 「ハイブランチ」は、独自の分岐構造を取ることで、高分子量でありながら流動性を確保しています。すなわち、成形性を損なうことなく高強度化を実現できます。

成形性を損なうことなく高強度化を実現します

生産性の向上、コスト削減に貢献します

「ハイブランチ」は、シート・フィルム製膜において、溶融張力が高いため破れにくく、薄肉化や生産安定性の向上が期待できます。また多分岐構造による分子の絡み合い効果から、厚み精度の向上も期待できます。発泡押出においては、溶融張力が高いため破泡しにくく、発泡倍率の向上による薄肉・軽量化や、生産量アップが期待できます。

リサイクルにおけるMFRの変動比

リサイクル性に優れます

「ハイブランチ」は、押出・射出成形後による流動性(MFR)の変動比が小さく、リサイクル時の生産安定性の向上が期待できます。

主な用途

  • 冷蔵庫内用の棚板、透明ケース
  • 拡散板の光学部材
  • 各種家電製品の透明部材
  • 食品包装容器
  • 土木建築材料用途

他の技術との優位性

測定項目
[単位]
試験方法 ハイブランチ 一般ポリスチレン
XC-540 HB XC-520 他社品
曲げエネルギー
[kgf・mm]
DIC法 57 55 45
シャルピー衝撃強さ
[kJ/m²]
JIS K7111-1:06 3.1 2.7 2.6
メルトマスフロレート(MFR)
[g/10min]
JIS K 7210 1.7 1.6 1.9
耐油性
[-]
DIC法 5 4 4

物性一覧

試験項目
[単位]
試験方法 射出タイプ 押出タイプ
良成形性
高実用強度
高流動
良成形性
高成形性
高溶融張力
低温成形
XC-
540 HB
HP-
520
HP-
100F-1
HP-
780AN
HP-
250
メルトマスフローレート(MFR)
[g/10min]
JIS K7210-1:14
ISO 1133:11
1.7 1.7 3.4 1.2 4.8
引張破壊応力
[MPa]
JIS K7161-1:14
ISO 527-1:12
JIS K7161-2:14
ISO 527-2:12
51 51 51 51 51
引張破壊ひずみ
[%]
2 2 2 2 2
曲げ強さ
[MPa]
JIS K7171:08
ISO 178:01
100 100 103 104 98
曲げ弾性率
[MPa]
3,300 3,300 3,300 3,300 3,100
シャルピー衝撃強さ
[kJ/m²]
JIS K7111-1:12 3.1 3.1 2.0 2.0 2.3
ビカット軟化温度
[℃]
JIS K7206:99 93 93 95 102 89
ポリ衛協自主基準
確認証明
-
用途例 ケース類
大型弱電部品
フィルムケース類
大型弱電部品
フィルム
シート
発泡シート
発泡ボード
シート
  • 比重:1.04~1.05
  • 成形収縮率は全銘柄0.4~0.8%です。
  • 本表の物性値は定められた試験法に基づき、ナチュラル射出試験片について得られた代表値であり、規格値を示すものではありません。
  • 試験片はJIS法のK7139:2009に従っております。
  • 試験片作製条件はJIS法のK7152:1999(ISO 294-1:1996)に従っております。
  • ハイブランチはDICの登録商標です。
この製品に関するお問い合わせ
電話でのお問い合わせ

ポリスチレン営業部 

03-6733-6216

WEBでのお問い合わせ お問い合わせフォーム
  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

日本 | HOME > 製品情報 > ポリスチレン・スチレン系樹脂 > 多分岐ポリスチレン 「ハイブランチ」