• Global Site
  • DICについて
  • 事業展開
  • IR情報
  • サステナビリティ
  • 研究開発

WORLDWIDE

PPS

PPS

ポリフェニレンサルファイド(PPS)樹脂は、融点が約280℃の高い耐熱性、優れた耐薬品性と難燃剤を添加せずに自己消火性を実現する高機能樹脂材料です。DICのPPS成形材料は、高度なポリマー技術をベースに独自のコンパウンド技術を付与することにより、エンジニアリングプラスチックスとして秀でた特性を有しており、金属、熱硬化性樹脂からの代替を中心に様々な分野でご活用いただいています。

トピックス

DIC 三次元回路形成方法に適合したPPSコンパウンド「LP-150-LDS」を開発

DIC は、三次元成型品に回路を形成する技術の一つであるレーザー・ダイレクト・ストラクチャリング工法(LDS)に使用可能なPPSコンパウンドの開発に成功し、製品化しました。同工法はドイツのプリント基板加工装置メーカーLPKF Laser & Electronics 社が保有する技術であり、材料として使用するためには同社の認定が必要です。この開発品は、昨年7 月にPPS コンパウンドとしては世界で初めて材料認定を受け、LDS 適合材料としてリストに登録されました。

PPS

ポリフェニレンサルファイド(PPS)樹脂は、ベンゼンと硫黄から成る簡単な化学構造を持った結晶性の耐熱性ポリマーです。この樹脂は、融点が約280℃の高い耐熱性、優れた耐薬品性と共に難燃剤を添加せずに自己消火性を保有します。

金属、熱硬化性樹脂からの代替を中心にその用途が拡大しています。

  • 本サイトの内容ならびにDIC.PPSを安全にご使用いただくために以下の注意事項をご覧下さい。

この製品に関するお問い合わせ
電話でのお問い合わせ

東京EP営業部

03-6733-5943

大阪EP営業部

06-6252-9533

名古屋EP営業部

052-951-0703

WEBでのお問い合わせ お問い合わせフォーム
  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

日本 | HOME > 製品情報 > PPS