• Global Site
  • DICについて
  • 事業展開
  • IR情報
  • サステナビリティ
  • 研究開発

WORLDWIDE

DICの中空糸膜

スキン層を有するDIC独自の中空糸

スキン層を有するDIC独自の中空糸膜により、界面活性剤入りの液体など、浸透性の高い液体であっても、液漏れすることなく気体だけを透過します。またスキン層は約1ミクロンの薄さのため、高い気体透過性も有します。

優れた耐久性

スキン層は内部の支持層(スポンジ構造)と完全に一体化しています。貼り合わせにより作られた構造ではありません。このように一体化していることで性能のみならず、耐久性にも優れています。

中空糸構造図

脱気膜とろ過膜の違い

ろ過膜はある一定の大きさ以上の粒子をろ過し、水はそのまま透過します。これに対し、脱気膜は気体のみが透過し、液体は透過しません。(脱気処理では、気体を移動させる動力源として真空ポンプが必要になります。)

脱気膜とろ過膜の違い

メンブレン製品の詳しい製品情報は、SEPARELサイトでご覧ください。

separel.com

この製品に関するお問い合わせ
電話でのお問い合わせ

メンブレン営業部

03-6733-5944

WEBでのお問い合わせ お問い合わせフォーム

日本 | HOME > 製品情報 > メンブレン製品 > DICの中空糸膜