• Global Site
  • DICについて
  • 事業展開
  • IR情報
  • サステナビリティ
  • 研究開発

WORLDWIDE

可とう性型

可とう性型は、可塑成分の導入により、熱衝撃性、可とう性を向上させたエポキシ樹脂です。衝撃強度が要求される用途や接着剤用途に適しています。

主な製品の仕様、特徴

EPICLON エポキシ当量
(g/eq)
粘度
(mPa.s, 25℃)
特徴 用途
TSR-960 230 - 250 60000 - 90000 無溶剤型ゴム変性樹脂 接着剤
TSR-601 450 - 500 Z - Z2(※1) 無溶剤型ゴム変性樹脂 接着剤
1650-75MPX 660 - 750(※2) 500 - 3000 色数 5以下、
固形分75%キシレン/メトキシプロパノール溶液
接着剤
  • ※1:ガードナー, 25℃, 60%ブチルカルビトール溶液
  • ※2:固形分

様々なカスタマイズも承っております。詳しくはお問い合わせください。

この製品に関するお問い合わせ
電話でのお問い合わせ

高機能化学品第一営業部(電気・電子材料関連エポキシ樹脂)

03-6733-5932

高機能化学品第二営業部(塗料・土木・接着・FRP関連エポキシ樹脂)

03-6733-6158

WEBでのお問い合わせ お問い合わせフォーム

日本 | HOME > 製品情報 > エポキシ樹脂 EPICLON > 可とう性型