• Global Site
  • DICについて
  • 事業展開
  • IR情報
  • サステナビリティ
  • 研究開発

WORLDWIDE

モバイル機器用防水両面粘着テープ DAITAC WS#8402シリーズ

携帯電話には様々な機能が搭載され、私たちの生活に欠かせない存在となっています。様々なシーンで使用されることが多く、水周りでの使用も一般化しています。水没事故防止のため、日系携帯電話メーカー各社は、本格防水機能(IPX7,8等級)を付与した携帯電話を市場投入しています。DICは、独立気泡構造の特殊発泡体を芯材に用いた防水両面粘着テープをいち早く開発、投入し、携帯電話の防水機能付与に欠かせない部材となっています。

特徴

  • 防水性・・・貼るだけでJIS防水規格(IPX7,8)をクリア
  • 耐衝撃性・・・6面落下試験をクリア
  • 打ち抜き加工性・・・細幅でも打ち抜き加工可能
  • リワーク・リペア性・・・剥がせるタイプも用意

用途

携帯電話、デジカメ、ネットブック、液晶TVなど防水型小型電子機器のパネル・レンズや部品固定用

構造

WS#8402シリーズは、独立気泡構造の発泡体の両面に、特殊アクリル系粘着剤層を設けた、防水両面粘着テープです。

WS#8402構成図

性能試験

防水性試験(IPX7)

防水試験IPXは日本工業規格(JIS)に定められた試験方法です。IPX1から8まで段階があり、IPX7、8が本格防水となっています。IPX7は、携帯電話や試験片を1mの水深に30分放置した後、水が携帯電話内に浸入しないことが、試験を満足する条件となります。当社WS#8402は段差がある場合でも、段差にスムーズに追従し水の浸入を防止することができます。

Items WS#8402 他社品
テープ発泡体種類 ポリオレフィン(黒/白) アクリル
テープ厚み(μm) 200 250
耐水性試験
(IPX7)
平滑面 Good Good
50μm凹凸面

耐水性試験 WS#8402

テープがスペーサーによる凹凸に追従、水が浸入しない

耐水性試験 他社品

テープが密着しておらず、水が試験片の中に浸入

耐衝撃性試験

耐衝撃性試験

耐衝撃性試験は、携帯電話などのモバイル機器にとって非常に重要な試験です。当社は、独自の試験方法を確立し、耐衝撃性を評価しています。図のように、デュポン式衝撃試験機を用いて評価します。両面粘着テープで接合したABS板とアクリル板を試験片に、300gの荷重を落下させ、試験片のアクリル板が剥がれる高さを評価します。耐衝撃性に優れるほど、落下高さが高くなります。当社WS#8402は他社品に比べ、23℃下、0℃下でも優れた耐衝撃性を有します。注)50cm以上:試験機の最高高さである50cmを越えても、試験片が落下しないことを意味します。

  試験雰囲気 WS#8402 他社品
耐衝撃性
(落下高さ)
23℃ 50cm以上 20cmパネル脱落
0℃ 50cm以上 10cmパネル脱落

物性表

各種試験結果を示します。リワーク対応品WS#84020は、標準品WS#8402の接着性能、防水性能はそのままに、リペアやリワーク時の剥がしやすさを付与したタイプです。

試験項目 単位 リワーク対応
WS#84020
標準WS#8402
テープ厚※ μm 200 200
180°ピール接着力(ABS) N/20mm  15.0 15.0
プッシュ強度(ABS) N/4cm2 140 140
保持力(70℃、500g/4cm2 h 24< 24<
耐衝撃性(ABS/load300g) cm Over 50 Over 50
リワーク性(貼付後室温7日放置後) -
  • テープ厚150μmタイプもご用意しています。

サイズ

最大幅:980mm 標準長さ:20m

この製品に関するお問い合わせ
電話でのお問い合わせ

工業テープ第一営業部

工業テープ第二営業部

工業テープ第三営業部

国内:03-6733-5940
海外:03-6733-5891

WEBでのお問い合わせ お問い合わせフォーム

日本 | HOME > 製品情報 > 工業用粘着テープ DAITAC [ダイタック] > IT用途向け粘着テープ > モバイル機器用防水両面粘着テープ DAITAC WS#8402シリーズ