• Global Site
  • DICについて
  • 事業展開
  • IR情報
  • サステナビリティ
  • 研究開発

WORLDWIDE

PET用改質剤 A-51、A-55

PET用改質剤

ポリサイザー A-51、A-55はPET樹脂の溶融流動性改良を目的に開発した固形のエステルオリゴマーです。
ポリサイザー A-55は、A-51の固有粘度を上げて、揮発性成分を少なくしております。

特徴

PETの流動性改良、PETの結晶化促進に効果、改質剤は固形のため取り扱いも良好

  • 製品はA-51、A-55の2種類
  • PET、PET/顔料、PET/ガラス繊維等の流動性改良に効果
  • 成形加工助剤として、歩留まり改善に効果
  • PETの結晶化を開始する温度範囲を上下とも広げ、シート製膜、射出成形時のサイクル短縮、省エネに効果
  • PETの分子量を保持(IV値低下しません)
  • 改質剤は固形の為、ドライブレンドにて混練可能

主な用途

  • PET/ガラス繊維或いはそのマスターバッチ用改質剤
  • PET/顔料或いはそのマスターバッチ用改質剤
  • PETシート
  • 太陽電池バックシート

物性一覧

  • PETの流動性向上(Fluidity improvement)
  • PETの結晶化促進(Accelerate Crystallization of PET)
  • PETの分子量を保持(IV値低下せず)

溶融流動性(キャピログラフ)

結晶化温度:DSC

Tcc(冷却結晶化温度): Cryst. Temp. on cooling
Tch(加熱結晶化温度): Cryst. Temp. on heating

  固有粘度(IV)保持比 Intrinsic Viscosity ratio
(対改質剤未添加品)(use modifier/no use)
POLYCIZER W-2310 0.78
POLYCIZER A-55 1.0

PET(IV=1.0)/Modifier=100/5
押出(Extrusion):樹脂温度(resin temp.) ca.250℃
押出後のIV値を測定(IV measured after extrusion)

この製品に関するお問い合わせ
電話でのお問い合わせ

ポリマ添加剤営業部 改質剤担当

03-6733-6166

WEBでのお問い合わせ お問い合わせフォーム

日本 | HOME > 製品情報 > 添加剤 > 改質剤 > 高機能性可塑剤・改質剤 > PET用改質剤 A-51、A-55