• Global Site
  • DICについて
  • 事業展開
  • IR情報
  • サステナビリティ
  • 研究開発

WORLDWIDE

加工性改良剤 TD-1720、S-2002、S-2010

加工性改良剤

ポリサイザー TD-1720、S-2002及びS-2010はPVC用の加工助剤として優れた効果を発現します。

特徴

カルボン酸基、水酸基の親和性・密着性機能の展開

ポリサイザー TD-1720、S-2002及びS-2010は、DICのオリジナル技術から生まれたポリエステル系加工助剤です。

  • 少量添加(2~6PHR)で、加工工程でのゲル化性・製品の外観(透明性、艶など)や物性の改良に効果
  • プラスティゾルや塗料配合などの充填剤や顔料の分散性に効果
  • 金属との親和性に優れ、ロール成形時の密着性向上に効果

主な用途

  • 高耐熱電線コンパウンド、高弾性コンパウンド
    ポリサイザー TD-1720は、高重合度PVCや架橋PVCを使用した際のゲル化促進効果に優れます。
  • 硬質PVCカレンダーシート
    ポリサイザー S-2002、S-2010はシート表面のエアーマークやフローマークを減らすのに効果を発揮します。
  • 床材、プラスティゾル、塗料
    ポリサイザー TD-1720、S-2002、S-2010は、充填剤や顔料を多量に含む配合での分散性改良に適しております。

物性一覧

カルボン酸基、水酸基

  • 金属親和性→金属との密着性向上
  • 無機質親和性 →フィラー、顔料の分散性向上
  • レベリング効果→可塑化効果+レベリング剤としても機能

Table フィラーの分散性改良

Table フィラーの分散性改良

この製品に関するお問い合わせ
電話でのお問い合わせ

ポリマ添加剤営業部 改質剤担当

03-6733-6166

WEBでのお問い合わせ お問い合わせフォーム

日本 | HOME > 製品情報 > 添加剤 > 改質剤 > 高機能性可塑剤・改質剤 > 加工性改良剤 TD-1720、S-2002、S-2010