• Global Site
  • DICについて
  • 事業展開
  • IR情報
  • サステナビリティ
  • 研究開発

WORLDWIDE

環境調和型PVC用可塑剤 W-230-H、W-1410-EL

環境調和型PVC用可塑剤

可塑剤の環境、安全に対する意識が高まり、原料にも対応が求められています。当社では、環境ホルモン問題や食品用器具・容器包装、玩具への使用制限等に対応した可塑剤(非フタル酸系)の開発に努めております。
フタル酸系可塑剤の代替として、当社が開発したポリエステル系可塑剤ポリサイザー W-230-H、W-1410-ELの特徴を以下に示します。

特徴

ポリサイザー W-230-Hは、低粘度で作業性が良好であり、DEHP(DOP)と同等の低温柔軟性を有し、耐熱老化性にも優れております。
ポリサイザー W-1410-ELは、柔軟性と耐久性のバランスがとれた可塑剤であります。

  • 非フタル酸エステル・・・ポリエステル(非フタル酸骨格)
  • 高性能・・・・・・非揮発性(劣化小)、非移行性、耐油性
  • 安全性・・・・・・JHP(塩ビ食品衛生協議会) PL適合

主な規制と用途

  • REACH:認可対象物質DEHP(DOP), DBP, BBPが2010.9.21にリストに載りました
  • 日本化審法改正:DEHP→第二種監視化学物質
  • 主な用途: ホース、電線、ゲーム機、ガスケット

物性一覧

ポリサイザー W-230-Hは、ポリエステルとしては低粘度で、フタル酸系エステルに比べ耐油性に優れております。
ポリサイザー W-1410-ELは、フタル酸系エステルに比べ非揮発性、非移行性及び耐油性に優れております。

  W-230-H
ポリエステル
W-1410-EL
ポリエステル
DEHP DINP DINCH
  W-230-Hポリエステル W-1410-ELポリエステル DEHP DINP DINCH
分子量 約1,000 約1,500 390 418 424
粘度25℃ 220 600 61 63 40
JHPA PL
非揮発性
非移行性
耐油性 × × ×
耐候性
この製品に関するお問い合わせ
電話でのお問い合わせ

ポリマ添加剤営業部 改質剤担当

03-6733-6166

WEBでのお問い合わせ お問い合わせフォーム

日本 | HOME > 製品情報 > 添加剤 > 改質剤 > 環境調和型PVC用可塑剤(非フタル酸系可塑剤) > 環境調和型PVC用可塑剤 W-230-H、W-1410-EL