• Global Site
  • DICについて
  • 事業展開
  • IR情報
  • サステナビリティ
  • 研究開発

WORLDWIDE

表面改質剤(非反応性)

少量添加することによって、塗布あるいは成形して得られる固体表面に対して機能性を付与する添加剤を「表面改質剤」と称しています。フッ素系界面活性剤の中には、フッ素原子特有の性質によって表面改質剤として作用するものがあり、固体表面に対して「撥水性」「撥油性」「防汚性」「非粘着性」「ブロッキング防止性」「滑り性」などの性質を付与することができます。 一例を挙げますと、「撥油性」はフッ素系以外で高い効果を得ることが難しく、フッ素の特性によって、油汚れ防止効果などの機能性を発現します。

界面活性剤との違い …

界面活性剤には、形成された固体表面の性質を変化させるものと、変化させないものの両方が含まれます。

表面改質剤(非反応性)の特徴

  • 強力な撥水性を発現
  • 油 ・有機溶剤も強力にはじく
  • 各種汚れの付着防止
  • 塗布性(濡れ性、平滑性)も向上

製品ラインナップ

  メガファック品番 有効成分 含有溶剤 外観(25℃)
無溶剤タイプ F-552 100wt% ロウ状
F-562 100wt% 粉末
溶剤溶解タイプ F-555 30wt% MIBK 液体
F-558 30wt% MIBK 液体

汚れを強力にはじく

UV樹脂硬化塗膜表面への油性マジックインキ付着性の比較例

UV樹脂硬化塗膜表面への油性マジックインキ付着性の比較例

強力な撥水性、撥油性、付着防止性を発揮

UV樹脂硬化塗膜表面への各種液体の接触角比較例

UV樹脂硬化塗膜表面への各種液体の接触角比較例

この製品に関するお問い合わせ
電話でのお問い合わせ

精密化学品営業部(フッ素化学品)

03-6733-5933

WEBでのお問い合わせ お問い合わせフォーム

日本 | HOME > 製品情報 > 添加剤 > フッ素化学品 > 表面改質剤(非反応性)