• Global Site
  • DICについて
  • 事業展開
  • IR情報
  • サステナビリティ
  • 研究開発

WORLDWIDE

フッ素化学品

フッ素化学品は、フッ素原子特有の性質により、他の化合物では到達できないさまざまな特性を有する化学品です。DICでは、高度なレベリング性能を有するフッ素系界面活性剤をはじめとして、各種フッ素化学品をラインアップしています。

トピックス

熱分解型フッ素系界面活性剤 メガファック DS-21 の提供開始

熱分解型のフッ素系界面活性剤「メガファックDSシリーズ」は、熱処理により含フッ素基が脱離することを特徴とする新しいフッ素 系界面活性剤です。
レベリング剤として従来製品と同等の性能を有しますが、加熱処理を行うことで表面に配向した含フッ素基が脱離するため、塗膜 表面と上塗りとのなじみ(リコート性)が大幅に改善します。

界面活性剤・表面改質剤 「メガファック」

界面活性剤、表面改質剤は、添加される材料およびその使用方法によって、界面活性等の効果が異なることがあります。DICでは、目的とする材料にマッチした界面活性剤、表面改質剤の開発をご要望に応じて行っています。

メガファックの特徴

含フッ素基の表面偏析のしやすさに基づき、0.05~0.5wt%(固形分中)の添加量で優れた界面活性効果を発揮します。

UV塗料などに添加することにより、塗膜表面に水や油をよくはじく機能、指紋など汚れの付着を防ぐといった機能を与えます。

固体表面に対して「撥水性」「撥油性」「防汚性」「非粘着性」「ブロッキング防止性」「滑り性」などの性質を付与することができます。

メガファックの代表的な用途例から、推奨品番をご紹介します。

  • レベリング剤
  • 表面改質剤
  • 薬液用添加剤
  • PTFE粒子の分散剤
  • 顔料の分散安定化剤
  • 非拡散用添加剤
  • 成型加工剤
  • 繊維加工剤
  • PC用難燃剤 他

メガファック代表品番の構造、性状、溶剤溶解性、表面張力などをご紹介します。

ディフェンサOPシリーズは、UV反応型の透明性の優れた低屈折率樹脂で、PCF(ポリマークラッド光ファイバー)のクラッド(鞘)材など、主に光学材料に応用されている製品です。

この製品に関するお問い合わせ
電話でのお問い合わせ

精密化学品営業部(フッ素化学品)

03-6733-5933

WEBでのお問い合わせ お問い合わせフォーム

日本 | HOME > 製品情報 > 添加剤 > フッ素化学品