スマートフォンに! ~防水両面粘着テープ

  • 1
  • 2

タッチパネルをしっかり守るDICの「飛散防止フィルム」

割れても飛び散らないのはなぜ?

スマートフォンを落としたりぶつけたりしてタッチパネルが割れてしまっても、ガラスは飛び散ったりしません。飛び散った欠片でケガをしたりすることも、まずありません。これは、スマートフォンの表面にDICの「飛散防止フィルム」が貼ってあるおかげ、ってご存知でしたか?

キズが付きにくく、汚れもサッと拭き取れる!

#

飛散防止フィルムの役割は、割れないこと、もし割れてもガラスが飛び散らないことです。でも、DICのフィルムはそれだけではないのです。指先がいつも触れるところだから、キズが付きにくい、指紋などの汚れがふき取りやすい、タッチパネル操作時の指の滑りが良い、といった性能も大事にしています。

中でも、指紋などの表面の汚れは、とても気になるものです。DICの飛散防止フィルムは表面に焦げ付きにくいフライパンのような特性を持たせてあるので、指で触っても、皮脂が浮いた状態を作ります。だから、汚れがサッと拭き取れるのです。

適材適所の三層構造がDICの「技」

この多機能な性能は、異なる機能を持つ素材を三層構造にすることで実現しています。いちばん外側は固くて汚れを拭き取りやすい層、その次に飛散防止のための柔らかい層、さらに気泡などが入りにくくてキレイに貼り付けられる粘着層という構造です。市販の廉価な保護シートとは一味違います。

飛散防止フィルムの構造

素材をつくっているDICだからこそ、できる!

スマートフォンは製品サイクルが短く、最も進化が早い製品分野です。サイズや形はどんどん多様化していきます。市場のスピードに遅れることなく、厳しい要求に応える製品を提供していかなければなりません。

これができるのは、素材の特性を追求できる研究開発力を持ち、自ら設計・製造している化学メーカーのDICだからこそ!

素材からつくっているから、最適な素材を組み合わせた高性能なテープやフィルムを短期間で市場に投入することができます。素材を社外から調達しなければならないメーカーとDICとの最大の違いがこの点です。

ちょっと目立たないところかも知れませんが、防水機能や飛散防止といった技術で使いやすい丈夫なスマートフォンを支えているのは今までも、これからもDICなのです。

  • 1
  • 2

Global | HOME > DICってどんな会社? > こんなところに! DIC > 最新スマートフォンとDIC切っても切れないカンケイって?