2019年9月30日

DIC 環境評価融資「Mizuho Eco Finance」の契約締結

-化学業界第1号、グローバルにおける気候変動への取り組みが評価-

 DIC株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:猪野薫)は、株式会社みずほ銀行(以下、「みずほ銀行」)とみずほ情報総研株式会社(以下、「みずほ情報総研」)の環境評価融資商品である「Mizuho Environmentally Conscious Finance」(以下「Mizuho Eco Finance」)の化学業界における第1号案件として、9月30日に同融資が開始されたことをお知らせします。

 「Mizuho Eco Finance」は、脱炭素化社会への移行に向けて、顧客の気候変動への取り組みを促進していくことを目的に、グローバルに信頼性の高い環境認定や評価などを組み入れた、みずほ情報総研が開発した環境評価モデルを用いて、顧客の取り組みや指数をスコアリングし、一定のスコア以上を満たした顧客に対し、みずほ銀行が融資を行う環境評価融資商品です。 

 当社グループは、「気候変動への対応」を自社のマテリアリティ(重要課題)と捉え、「事業所で排出する温室効果ガス排出量(Scope1&2)を2030年度までに30%削減(基準年:2013年度)する目標を掲げて、たゆまぬ省エネ活動と再生可能エネルギーへの転換(バイオマスボイラ、太陽光発電設備の導入、バイオマス由来燃料の採用など)にグループ一丸で取り組んでいます。
 
 当社はそれらの活動実績をグローバルで情報開示し、第三者機関によるCO2排出量の検証を実施しています。加えて、本年5月に金融安定理事会(FSB)によって設立された「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の提言へ賛同を表明したことや、サプライチェーン全体でのCO2排出量の開示を進めていること、2030年に向けた生産活動におけるCO2排出量の削減計画があることなどが高い評価に繋がり、本融資の契約に至ったと考えています。

 DICグループは、中期経営計画「DIC111」において、サステナビリティや市場への貢献を追求する「社会的価値」と企業の成長と収益性に寄与する「経済的価値」を両立し、“ユニークで社会から信頼されるグローバル企業”を目指す企業像としています。今後も事業活動と連動したESGに対する取組強化と情報開示を進めながら、気候変動の解決に貢献する所存です。

 ※「Mizuho Eco Finance」の詳細は、以下みずほ銀行ウェブサイトにてご確認ください。
  https://www.mizuhobank.co.jp/release/pdf/20190930_3release_jp.pdf

以上

 【関連ニュースリリース】
 ■気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言への賛同とTCFDコンソーシアムへの参画(2019年5月)
  http://www.dic-global.com/ja/release/2019/20190529_01.html

【関連ウェブサイト】
 ■気候変動に関わるDICグループの活動について(DICウェブサイト)
  http://www.dic-global.com/ja/csr/environment/co2.html

 

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-6733-3033

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

HOME > ニュースリリース > 2019年 > DIC 環境評価融資「Mizuho Eco Finance」の契約締結