2017年7月6日

DIC GPIFが採用した日本株を対象とするESG指数の構成銘柄に選出

ESG指数の世界最大手MSCI社が開発した2つの新指数において

 DIC株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:中西義之)は、ESG(環境・社会・ガバナンス)投資のためにMSCI社(米国)が日本株を対象とし新たに開発した「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」および「MSCI日本株女性活躍指数(略称:WIN)」の構成銘柄に選出されました。両指数は、ESG投資を進めるため、ESGに優れた企業を組み込んだ株式指数の公募を進めていた年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に採用されました。 

 両指数の採用銘柄はともに、日本株の時価総額上位 500 銘柄(MSCIジャパンIMIトップ500指数)の中から公開情報をベースに評価されます。「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」は、業種内においてESG評価の高い企業(251銘柄)が、「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」は、より多くの女性が職場に進出または復帰しやすくなるような女性活躍への取り組みを推進する企業(212銘柄)が選出されました(銘柄数はともに2017年6月時点)。 

 当社では、女性活躍推進を含むESGに関する取り組みを進めるとともに、積極的な情報公開を進めていることが、この度の採用につながったものと考えています。ここ数年はこのような取り組み姿勢が様々な機関から評価され、「ダウ ジョーンズ サステナビリティ インデックス アジアパシフィック」、損保ジャパン日本興亜アセットマネジメントの「SNAMサステナビリティ・インデックス」、モーニングスター社の「社会的責任投資株価指数(MS-SRI)」に採用されるとともに、CDPによる気候変動への対応に関する評価で“A-”(最高スコアAに次ぐ高評価)を獲得するなど、当社に対するESGの評価は年々高まっています。 

 当社では、持続可能な社会を実現するためにはESGの視点が必須であるとの考えのもと、世界で約170社のグループ企業とともに事業に取り組んでいます。引き続き事業活動と連動したESGに対する取り組みの強化と開示を進めながら、ステークホルダー(顧客、取引先、地域社会、株主・投資家、社員など)から期待される価値の提供に努めていく所存です。 

以上 

※MSCI社:ESGインデックスおよびESGリサーチにおけるグローバルリーダー。インデックスは700を超え、ベンチマークとする運用資産額は世界で580億米ドル。代表的なインデックスは「MSCIワールドインデックス」。

このリリースに関する
お問い合わせ

お問い合わせ先
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-6733-3033

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

Global | HOME > ニュースリリース > 2017年 > DIC GPIFが採用した日本株を対象とするESG指数の構成銘柄に選出