2017年4月3日

2017年度入社式 社長式辞要旨

 DIC株式会社(本社:東京都中央区)社長執行役員 中西義之が、本日の入社式において行った挨拶の要旨を下記の通りお知らせいたします。 

記 

 皆さん、入社おめでとうございます。数ある選択肢の中でDICグループを選んでくれたことに、グループを代表して感謝します。 

 会社は社会を形成する一員です。当社のような化学メーカーの場合、技術や製品を通じて社会の発展に寄与していくことはもちろんですが、「事故・災害の撲滅」、「地球環境の保全」など安全・安心に注力することも重要な使命です。
 世界の激しい潮流の中で、今、私たちに求められるものは、「生き残る」ではなく「勝ち残る」ための知恵と行動力です。
 本日は、皆さんに期待したい三つのことをお話しします。 

 「内は深く、外は広く」
 これは、禅の研究の中で用いられる言葉です。自分の内面を深く追求するだけではなく、自分以外の世界は想像以上に広いということも知らなくてはならないというような意味です。まずは目の前の仕事をできるだけ深く追求し、一刻も早くその道のプロになるべきですが、会社、日本、あるいは世界も含めて、常に俯瞰する姿勢を身に付けてください。 

 「しなやかな発想」
 DICグループの従業員約2万人のうち4割が欧米、3割が日本を除くアジア・オセアニア、3割が日本の方々です。自分なりの価値観や行動基準を持った上で、相手の立場を理解し、多様な価値観を許容しようと努める、「しなやかな発想」が非常に大切です。

 「若さのアドバンテージ」
 失敗を恐れず、興味を持ったことに思い切って挑戦すること。これは若さのアドバンテージです。そのアドバンテージを存分に発揮し、皆さん自身が「DICを変革していく」という気概をもって挑戦し続けて下さい。 

 皆さんが「この会社に入って本当に良かった」と胸を張って言える、すばらしい会社を一緒につくっていきましょう。 

以上

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-6733-3033

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

Global | HOME > ニュースリリース > 2017年 > 2017年度入社式 社長式辞要旨