2017年3月31日

新興国通貨を対象とした多通貨型融資枠の設定について

 DIC株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:中西義之)は、今後高い成長が見込まれるアジア新興国通貨を主体とした、多通貨型融資枠(極度額50億円、三菱東京UFJ銀行)を2017年3月31日付で設定致しました。 

 本融資枠は、アジア新興国通貨を含む9通貨(インドルピー、人民元、インドネシアルピア、タイバーツ、シンガポールドル、豪ドル、NZドル、米ドル、日本円)を対象としており、新興国での成長投資に対する機動的な資金調達が可能となります。 

 今回の契約により、急速に発展するアジアでのビジネスを資金面から強力にサポートすると共に、既存のドル・ユーロを中心としたコミットメント枠と合わせ、グローバルでの資金調達体制が一層強固なものとなります。 

 

以上

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-6733-3033

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

Global | HOME > ニュースリリース > 2017年 > 新興国通貨を対象とした多通貨型融資枠の設定について