2016年1月5日

2016年 年頭社長挨拶(要旨)

 DIC株式会社の社長執行役員、中西義之の年頭挨拶(要旨)を下記の通りお知らせします。


 

 昨年12月で終了した中期経営計画「DIC105」は、重点戦略として位置づけた欧米インキ事業の再構築、また、カラーフィルタ用顔料やPPSコンパウンドといった成長牽引事業の拡大に関して、着実に進捗させるなど一定の成果があったものの、残念ながら営業利益計画値は達成することができなかった。しかしながら、昨年度末には、TFT液晶の新製品が出荷を開始しており、次の利益成長への土台ができてきたことから、今年は是非、過去最高益を更新したい。また、財務バランスについては、中計期間を通して計画値を上回る純利益を確保したことから、純資産の積み上げと有利子負債の削減が着々と進み、計画を大幅に前倒しで達成することができた。

 2016年は、新中期経営計画の初年度となるが、DIC105から継続する課題を確実に遂行し、また、新たなテーマに挑戦することにより、計画達成に向けた、良い一年としていきたい。本年も安全第一を基本に、各々が使命を自覚し、全社一丸となって進んでいきたい。

以上

 

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-6733-3033

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

Global | HOME > ニュースリリース > 2016年 > 2016年 年頭社長挨拶(要旨)