2015年10月27日

DICグループ   DICグラフィックス社が、地域に根ざした伝統色を掘り起こし、地域創生・振興への活用を提案

日本最大級の異業種交流展示会「メッセナゴヤ2015」にて発信

 DIC株式会社(社長執行役員:中西義之)の子会社であるDICグラフィックス株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:蓮見俊夫)は、ポートメッセなごや(愛知県名古屋市)で開催される日本最大級の異業種交流展示会「メッセナゴヤ2015」に出展します。
 同展示会は、愛知万博の理念(環境、科学技術、国際交流)を継承する事業として2006年より続く、情報発信、異業種交流を図るビジネス展示会です。

 当社グループは、世界63の国と地域に170を超えるグループ会社を通じて事業を展開するグローバルカンパニーであり、100年を超える歴史の中で培ってきた技術をベースとした豊富な色彩資産を有しています。その一つである「DICカラーガイドシリーズ」は、1968年の発行以来、印刷・デザインなどの分野で広く普及しており、中でも伝統色シリーズは色名とその由来を併記したことで、文化的な集大成として広く親しまれています。

 DICグラフィックス社は、印刷インキ分野で世界トップシェアをもつ企業の一員として、色彩を起点とした地域文化の振興に貢献するための活動に取り組んでいます。
 今回、その一環として名古屋周辺地域に根づく伝統的な色彩を新たに集め、「名古屋の伝統色 -尾張・三河の彩り-」と題し展示します。ご来場の皆様に、色彩を切り口とした視点で日々の暮らしを振り返っていただくとともに、さまざまなイベントやデザイン製作などでのご活用を提案します。

 会期中には、当社グループにおいて色彩コンサルティングおよびグラフィックデザインを行うDICカラーデザイン株式会社のカラープランナー、竹下友美氏が「インバウント需要を掘り起こす日本の伝統色」と題した講演を行います。
 ぜひ、DICグラフィックスブースにお立ち寄りください。

【展示会概要】
日時 : 11月4日(水)~ 7日(土) 10:00~17:00
場所 : ポートメッセなごや DICグラフィックスブース 第1展示場 1C-177
公式HP: http://www.messenagoya.jp/ 

【展示概要】
・「名古屋の伝統色」を知る
  名古屋と周辺地域において、人々の生活に密接に結びつき生み出されてきた伝統文化を、「衣」「食」「工藝」「建築」「武将」「祭」の分野別に、「色名」や「ストーリー」と共にご紹介します。
・「名古屋の伝統色」を見つける
  「名古屋の伝統色」として未来に伝えていきたい色を、20色の中から来場者の方々に選んでいただく参加型展示です。
・「名古屋の伝統色」に触れる
  展示コンテンツを、イベントやデザイン製作などにご活用しやすいようにまとめた「名古屋の伝統色」リーフレットを作成し、配布します。

【講演】
日時 : 11月5日(木)15:30~16:15
場所 : ポートメッセなごや 交流センター4F 第6・7会議室 B会場
講演 : 「インバウント需要を掘り起こす日本の伝統色」
      DICカラーデザイン株式会社 カラープランナー 竹下友美




                                ブースイメージ

 

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ 
コーポレートコミュニケーション部         TEL 03-6733-3033
お客様からのお問い合わせ
DICグラフィックス株式会社 開発営業部(名古屋) TEL 052-951-9336

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

Global | HOME > ニュースリリース > 2015年 > DICグループ   DICグラフィックス社が、地域に根ざした伝統色を掘り起こし、地域創生・振興への活用を提案