2015年9月18日

DICが、サステナビリティ活動のベンチマークとなる 「ダウ ジョーンズ サステナビリティ インデックス アジアパシフィック」 の構成銘柄に初採用

 DIC株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:中西義之)は、グローバルなサステナビリティのベンチマークであり、世界の投資家がSRI(Socially Responsible Investment、社会的責任投資)の指標とする「ダウ ジョーンズ サステナビリティ インデックス アジアパシフィック」(以下、DJSI AP)の構成銘柄に、このたび初めて採用されました。

 

   

 

 DJSI APは、米国・ダウジョーンズ社と調査機関であるスイス・ロベコSAM社が共同で開発した「ダウ ジョーンズ サステナビリティ インデックス」シリーズの一つです。アジアパシフィック地域の対象となる主要企業600社が、サステナビリティの視点で経済、環境、社会の三側面を評価され、今年度は145社が、うち素材産業からは当社を含む17社が採用されました。

 当社グループでは、引き続きサステナビリティ活動を一層強化しながら、化学で彩りと快適を提案するグローバル化学メーカーとして、地球環境の保護や、安全で安心して生活できる豊かな社会づくりに貢献していくとともに、ステークホルダー(顧客、取引先、地域社会、株主・投資家、社員など)から期待される価値の提供に努めていく所存です。

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-6733-3033

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

Global | HOME > ニュースリリース > 2015年 > DICが、サステナビリティ活動のベンチマークとなる 「ダウ ジョーンズ サステナビリティ インデックス アジアパシフィック」 の構成銘柄に初採用