2012年3月27日

4月1日より製品と営業・技術・生産のマトリックス型組織による運営をスタート

‐事業部制を廃止、より機動力のある組織へ‐

 DIC株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:杉江和男)は、4月1日より、新組織での運営を開始します。当社では、「点から面へ」の考え方をベースに、会社の仕組みや体制の再設計、再構築を進めてきましたが、この取り組みをさらに推し進めた組織改編により、会社としての機動力強化を図ります。

 当社は、長きにわたって、取扱製品を軸に編成した事業部を中核とする事業部制により、社業を運営してきました。しかしながら、近年、「事業部間の壁」はしだいに高くなり、事業部間で情報が共有されないことから他事業部製品の販売チャンスを喪失するなど、当社の目指すトータル・ソリューション・ビジネスの展開や総合力発揮に向けて、弊害が目立つようになりました。また、事業部が進める製品別の戦略と、需要業界動向に依拠したマーケット戦略との間にアンバランスが生まれるに至りました。

 このようなことから、このたび、事業部制を廃止し、次期中期経営計画の策定を見据えて、より機動力のある組織を編成し、社業を進めようとするものです。今回の組織改編では、強い製品を集中的に伸ばし、かつ市場を重視した事業展開を図るべく、7つの製品本部(注1)、ならびに重点市場別に組織した3つの営業統括本部(注2)を新設します。これにより、製品本部を縦軸、営業統括本部および既設の技術統括本部と生産統括本部を横軸としたマトリックス型組織を形成し、機動力の強化、社内における情報共有、トータル・ソリューション・ビジネスの展開を図ることで、「点から面へ」の展開を推進します。

 なお、業績開示における事業セグメントについては、従来と変更はありません。


(注1)7つ製品本部とは、プリンティングインキ、ファインケミカル、リキッドコンパウンド、ジェネラルポリマ、スペシャリティポリマ、ソリッドコンパウンド、プロセストプロダクツの各製品本部です。
(注2)3つの営業統括本部とは、アドバンストテクノロジー、ライフ&リビング、パッケージング&グラフィックスの各営業統括本部です。

 

 

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-5203-7838

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

Global | HOME > ニュースリリース > 2012年 > 4月1日より製品と営業・技術・生産のマトリックス型組織による運営をスタート